気胸セット|ドレナージ吸引装置の使い方

ドレーンカテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。
今回は気胸セットの使い方について説明します。

 

編著 窪田敬一
獨協医科大学医学部第二外科教授

 

〈目次〉

 

気胸セットの使用部位・適応

気胸セット

 

  • 気胸:自然気胸、血気胸
  • 開胸手術後の歩行可能患者
  • がん性胸膜炎、膿胸(滲出液少量の場合)

気胸セットの各部の名称と機能

 

気胸セットの使用手順

1ドレーンの接続

①キャップを外し、クランプされているトロッカーカテーテルを接続コネクターに接続する。

 

②クランプを解除すると自然ドレナージが開始される。

 

2気胸セットの使用前のチェック

患者に軽くをさせ、逆流防止弁とモニター弁がわずかに動くことを確認する。これによりドレーンが確実に胸腔内に挿入されており、かつ気胸セットが正常であることが確認できる。

 

3キャリングバッグの使用

本体をキャリングバッグに入れ、ひもを患者の肩に回し、適当な長さに調節する。

 

4持続吸引が必要な場合

キャップを外し、低圧持続吸引器を接続コネクターに接続する。

 

5排液

排液排出口のキャップを開け、たまった排液を排出する。

 

気胸セットの保守・点検

一般ディスポーザブル製品の取り扱いに準じる。

 

気胸セットの使用上の注意

低圧持続吸引器と接続する以外は、落下菌侵入防止用キャップを外さない(外気の通気性は確保されている)。

 

排液ボトルに溜まった排液が、ボトル内の逆流防止弁に触れないように注意する。特に排出時およびボトルを横にするときは注意が必要。

 

排液する際、モニター弁(球)に排液が触れないように注意する。

 

ベッドに吊り下げる場合は、ドレーンとボトルの間に専用の延長チューブを使用する。

 

排液が100mLを超える場合、および就寝前には排液する。

 


[販売元/資料請求先]
住友ベークライト株式会社 医療機器事業部
〒140-0002  東京都品川区東品川2-5-8  天王洲パークサイドビル
URL:http://www.sumibe.co.jp/product/medical/

 

*掲載時のものです。

 


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2015照林社

 

[出典] 『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド第一版』 (編著)窪田敬一/2015年7月刊行/ 株式会社照林社

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ