看護用語辞典 ナースpedia キーワード:腹膜炎

腹膜炎とは・・・

腹膜炎(ふくまくえん)とは、腹膜炎症を起こした状態のことである。突発的に発症し、急速に症状が悪化する急性腹膜炎と、慢性的に症状が進行する慢性腹膜炎に分類される。

急性腹膜炎には、腹腔内に炎症が広がる汎発性腹膜炎パンペリ)と、一部で炎症が起きる限局性腹膜炎がある。症状としては、汎発性腹膜炎は、腹部の激痛、喉の渇き、吐き気、嘔吐発熱腸閉塞症状が、限局性腹膜炎は炎症部位の痛み、発熱、悪寒などがある。特に汎発性腹膜炎はショック状態や死に至る可能性のある、危険な状態である。

一方の慢性腹膜炎は、結核性腹膜炎や癒着性腹膜炎などに分類され、発熱、腹痛、微熱や吐き気といった症状が見られる。

このエントリーをはてなブックマークに追加


ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

8問の採点除外は過去10年で最多

看護師国家試験の採点除外対象問題をまとめました。 [ 記事を読む ]

これって身体拘束?

身体拘束にあたる4つの基準とは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

もし新卒時に戻れるなら何科で働きたい?

投票数:
308
実施期間:
2017年03月14日 2017年04月04日

「寝坊したことある?」そのあとどうした?

投票数:
285
実施期間:
2017年03月17日 2017年04月06日

就職活動をした(応募した)病院はいくつ?

投票数:
264
実施期間:
2017年03月21日 2017年04月10日

国試の合格発表、最初に誰に知らせた(る)?

投票数:
234
実施期間:
2017年03月24日 2017年04月13日
もっと見る