胆嚢壁が肥厚しているエコー像

画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。
外来や病棟で、看護師が目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。

 

[前回の内容]

胆嚢壁肥厚は胆嚢炎のサイン

 

今回は、「胆嚢壁が肥厚しているエコー像」についてのお話です。

 

加藤真吾
(横浜市立大学医学部肝胆膵消化器病学教室)

 

胆囊の仕組みと、炎症についてしっかりと理解してもらえましたか?
胆嚢炎は、血液検査だけでは診断が難しいので、画像所見がとても重要な疾患なんです。

 

はい、よくわかりました!
そういえば、胆囊はエコーで観察しやすいってことは、胆囊で起こっている炎症具合もエコーでわかるんですか?

 

良い質問です! エコーは白黒の画像ですが、実は炎症の具合もわかるんです。
炎症を起こした組織がどのように変化しているかに着目して、この解説を読んで下さい。

 

〈目次〉

 

胆嚢壁肥厚のエコー像

炎症とは、外敵や刺激に対して、体が自身を防御するために起こす反応のことです。この反応の多くが、免疫反応と呼ばれるものです。

 

胆嚢炎の場合、炎症が起きている場所は胆嚢の壁ですので、胆嚢壁が腫れてきます。このため、胆嚢壁は分厚くなり、エコー検査で「胆嚢壁の肥厚」という所見を捉えることができます(図1図2)。

 

図1胆嚢壁が肥厚していないエコー像

 

胆嚢壁が肥厚していないエコー像

 

胆嚢壁は薄い状態です。

 

図2胆嚢壁が肥厚したエコー像

 

胆嚢壁が肥厚したエコー像

 

胆嚢壁が分厚くなっているのがわかります。

 

つまり、胆嚢炎の患者さんに行うエコー検査の目的の一つは、胆嚢壁の肥厚を評価することです。

 

memo炎症により「腫れる」という仕組み

炎症における組織の反応にはさまざまなものがあります。その一つに、「腫れる(腫脹)」という反応があります。

 

外敵から身を守るためには、攻撃を受けている部分に、それに対抗できるだけの味方を動員しなければなりません。このため、生体は攻撃を受けている部分の血管を拡張し、血管の壁をより多くの細胞が通り抜けられるように変化させます。

 

この結果、炎症が起きている部分に、水分が多く溜まるため、腫れてくるという仕組みになっています。

 

エコー検査の準備

外来や病棟でのエコー検査は医師が準備も行う場合が多いですが、看護師の介助があると、医師はとても助かります。検査の前に表1の①~⑤までの準備を行いましょう。

 

 

表1検査前に準備すべきこと

 

患者さんに仰臥位で寝てもらいます。
エコー機器を患者さんの右側、頭側に設置します。
服にゼリーがつかないように、胸の位置まで服をしっかりとまくり上げます。女性の場合、必要時以外は胸にタオルをかけましょう。 
医師がエコー画面を見やすいように電気を消します。
検査終了後にゼリーを拭けるようにタオルなどを準備しておきましょう。

 

検査後の片付け

検査後は患者さんの体に付いたゼリーを拭いて、洋服を整えます。また、エコーのプローブを拭いて、機器を片付けます。

 

申し送り時のポイント

検査結果の申し送りは、エコー検査の結果によって決定された方針まで伝えると、引き継ぎの看護師がわかりやすくなります。

 

申し送り例①:胆嚢壁肥厚がない場合

右季肋部痛を訴えていたので、腹部エコーを行いました。
肝内胆管の拡張、胆嚢壁の肥厚はなく、少なくとも緊急処置の可能性はなさそうです。

 

申し送り例②:胆嚢壁肥厚がある場合

右季肋部痛を訴えていたので、腹部エコー検査を行いました。
肝内胆管の拡張は認められませんでしたが、胆嚢壁が肥厚していて、急性胆嚢炎の診断です
これからCT検査ですが、緊急手術となる可能性があります

 

記録記入時のポイント

検査結果の記録は、所見をすべて書く必要はないと思いますが、臨床上必要な陰性所見の記載は残しておくべきだと思います。右季肋部痛に対するエコー検査では、「肝内胆管拡張と胆嚢壁肥厚の有無」がそれに当たります。

 

記入例①:胆嚢壁肥厚ない場合

記入例①:胆嚢壁肥厚ない場合

 

記入例②:胆嚢壁肥厚がある場合

記入例②:胆嚢壁肥厚がある場合

 

 

Check Point

  • 炎症が起きている部分は、水分が多く溜まり、腫れています。胆嚢炎の疑いがある場合は、胆嚢壁が分厚くなっているかを見ます。
  • 申し送り時には、胆嚢壁の肥厚の有無がどちらであっても、検査結果によって決定された方針まで伝えましょう。
  • 看護記録には、肝内胆管拡張の有無と、胆嚢壁肥厚の有無について記載しましょう。

 

[関連記事]

 


[執筆者]
加藤真吾
横浜市立大学医学部肝胆膵消化器病学教室

 


Illustration:田中博志

 


SNSシェア

看護知識トップへ