看護用語辞典 ナースpedia キーワード:運動誘発性喘息

運動誘発性喘息とは・・・

最終更新日 2019/02/12

運動誘発性喘息(うんどうゆうはつせいぜんそく、Exercise induced asthma:EIA)とは、運動によって気道狭窄が起こり、喘息症状が誘発されることである。

【原因】
運動誘発性喘息は、運動によって呼吸回数が増えることで気道が冷やされ、水分が喪失することで、気道粘膜の変化や気道粘液の浸透圧変化により気道上皮障害や気管支の狭窄を生じる。特に冬場に多くみられる。

【症状】
気道が狭くなることで、喘鳴息切れ、痰などの症状を引き起こす。

【予防】
気管支喘息の既往があれば、吸入ステロイド薬などを用いて、普段から発作を予防することが重要である。運動前に短時間作用性β2刺激薬(SABA:short acting β2 agonist)を吸入したり、十分なウォーミングアップを行ったりすることも発作の予防には重要である。また、冷たく乾燥した空気が気道に入ることで発作が誘発されるため、マスクを着用することや、冷環境での運動を避けることも有用である。

治療
発作が起こった場合、短時間作用性β2刺激薬(SABA)の吸入で、気管の拡張を図る。国際的な運動競技選手(アスリート)の治療に対しては、世界ドーピング防止規定(WADA)で使用が認められている薬物を用いるよう注意が必要である。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

点滴の留置針交換でモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(8)

タイミングの違いに関する3年目ナースのお悩み。あなたの職場ではどんなルールがある? [ 記事を読む ]

認知症の患者さん「攻撃性がある」と感じたら?

事例をもとに対応のポイントを解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1368
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1267
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1114
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1089
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
956
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
777
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者7602

◆呼吸器の問題◆緊張性気胸には表れにくい身体所見はどれでしょうか?

  • 1.気管偏位
  • 2.奇異呼吸
  • 3.頸静脈怒張
  • 4.皮下気腫
今日のクイズに挑戦!