看護用語辞典 ナースpedia キーワード:突発性発疹

突発性発疹とは・・・

最終更新日 2018/07/24

突発性発疹(とっぱつせいほっしん)とは、乳児期に発症する、発熱と発疹を伴うウイルス感染症である。

報告症例の年齢は0歳と1歳で99%を占める。

原因ウイルスはヒトヘルペスウイルス6(HHV-6)、あるいは7(HHV-7)である。一般的には繰り返し罹患しないが、両方のウイルスに罹患した場合には二度罹患することがある。

臨床症状は38度以上の発熱が3日間ほど続いた後、解熱とともに鮮紅色の斑丘疹が体幹を中心に顔面、四肢に出現する。随伴症状としては、下痢、眼瞼浮腫、大泉門膨隆、リンパ節腫脹などが挙げられるが、多くは発熱と発疹のみで経過する。

その特徴的な臨床経過により、発疹出現をもって診断されることがほとんどである。永山斑(発症初期に口蓋垂の根元両側に見られる粟粒大の赤い斑点)を見つけることで、発熱期間中に診断が予測できることもある。

発熱初期に熱性痙攣を起こすことがあるが、一般的に予後は良好である。また、まれに脳炎、脳症、劇症肝炎血小板減少性紫斑病など重篤な合併症を起こすことがある。

通常、予後は良好であり、対症療法で経過観察する場合がほとんどであるが、重症の場合には抗ウイルス薬投与も考慮する。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

同期との関係~新人ナース~|マンガ・病院珍百景

友達?ライバル?仲間?…同期との距離感ってどのくらい? [ 記事を読む ]

SaO2低下でも酸素濃度を上げてはいけないのは、どんなとき?

振戦、痙攣など中枢神経障害が起こることも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1437
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1322
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1197
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
1120
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

あなたの職場ならではの「隠語」ってある?

投票数:
362
実施期間:
2019年09月20日 2019年10月11日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
903
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者846

筋肉注射についての説明で、正しいものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.急速に薬効を期待する場合には静脈注射や皮内注射ではなく、筋肉注射を選択する。
  • 2.繰り返し筋肉注射で薬剤を投与する場合、もっとも筋層が厚い大腿部を用いることが推奨される。
  • 3.注射部位に三角筋を選択する場合は、45~90度の刺入角度で注射する。
  • 4.薬液は1秒/mLで速やかに注入し、刺入部は1~2分程度マッサージを行う。
今日のクイズに挑戦!