最終更新日 2018/07/09

ビタミンB12

ビタミンB12とは・・・

ビタミンB12(びたみんびー12)とは、DNAの生成を助ける栄養素である。肝臓筋肉に大量に貯蔵されている。

ビタミンB12は、2つの段階を経て食品から体内に吸収される。まず、酸が食品中のビタミンB12タンパク質から切り離し、その後、胃の中で産生された内因子と呼ばれるタンパク質とビタミンB12が結合し、体内に吸収される。

胃全摘や高度な萎縮性胃炎では、内因子が不足するため、ビタミンB12の吸収障害が起こる。吸収障害が起きた際も、体内貯蔵分のシアノコバラミンによって代償されるため、欠乏症が出現するまでは4~5年を要する。

ビタミンB12の欠乏症が起こると、赤血球のDNAの合成が阻害され大球性貧血を来たす。ビタミンB12の欠乏により起こる貧血を、巨赤芽球性貧血という。

執筆: 中田一弥

加古川中央市民病院 救急科 救命救急センター

SNSシェア

用語辞典トップへ