看護用語辞典 ナースpedia キーワード:ナチュラルキラー細胞

ナチュラルキラー細胞とは・・・

最終更新日 2018/03/13

ナチュラルキラー細胞(なちゅらるきらーさいぼう、natural killer cell)とは、自然免疫の主要因子として、前感作や活性化することなく標的細胞を傷害するリンパ球のことである。NK細胞ともいう。

形態的には、大型の細胞で、細胞質に多くの顆粒球を有し、細胞表面にはCD16、CD56といった特異的分子マーカーを発現している。

自然免疫とは、生体が生まれながらに持つ免疫機構であり、ナチュラルキラー細胞のほか、好中球マクロファージなどが担う非特異的な生体の防御反応である。ウイルス感染初期にはナチュラルキラー細胞が中心となり非特異的防御を行う。

【細胞傷害の機序】
ナチュラルキラー細胞が標的細胞を傷害する機序は以下のとおりである。

ナチュラルキラー細胞は、体内に侵入したウイルスに感染した細胞や腫瘍細胞と正常な自己の細胞を、MHC(主要組織適合遺伝子複合体)クラスI分子を介して区別、認識する。MHCクラスⅠ分子とは、すべての有核細胞の細胞表面に発現している自己のマーカーであるが、ウイルスに感染した細胞や腫瘍細胞ではMHCクラスI分子の発現が低下、あるいは立体構造が変異する。

つまり、病原体や腫瘍細胞などの異物の侵入に対して細胞が分泌するインターフェロンやサイトカインなどによってナチュラルキラー細胞は活性化され、MHCクラスⅠの発現の低下や変異をもって他己を認識する。

その後、ナチュラルキラー細胞の細胞質の顆粒内に含まれるパーフォリンやグランザイムが放出される。細胞障害因子であるパーフォリンは筒状に重合して攻撃対象の細胞膜を貫通し、この孔から細胞障害酵素であるグランザイムが細胞内に入りDNAを切断する酵素へ働きかける。これらの作用により、標的細胞は遺伝子にプログラムされた細胞死であるアポトーシスが誘導され、ナチュラルキラー細胞の細胞傷害性が成立する。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

祝★連載100回!松本ナースに恋の予感…?

【マンガ】ママナースもも子の今日もバタバタ日誌|増ページでお届け! [ 記事を読む ]

【動画で解説】採血の手技

刺入から抜針までの手順やコツが見てわかる! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

「職場で言われたハイセンスな嫌味」選手権

投票数:
1362
実施期間:
2019年08月27日 2019年09月17日

payサービス使ってる?

投票数:
1690
実施期間:
2019年08月30日 2019年09月20日

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1272
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1162
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1003
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
848
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者6253

急性左心不全でCCUに入院した患者さん。肺うっ血が改善したため、日中NPPVを離脱し、一般病棟へ移動しました。その夜、消灯2時間後に排便のためナースコールがありました。トイレを済ませた後、ベッドへの移乗の介助を行うと、息苦しさを訴えたため、すぐにバイタルサインを測定しました。バイタルサインは以下の通りです。医師へ報告後、到着を待つ間に看護師が行う対応として、最も優先が高いものはどれでしょうか?

  • 1.NPPVの準備を行う。
  • 2.ベッドを平らにし、安静にする。
  • 3.心臓カテーテル室へ移動の準備を行う。
  • 4.痰の吸引を行う。
今日のクイズに挑戦!