最終更新日 2018/01/23

hl(hyperlipemia)

hl(hyperlipemia)とは・・・

hl(えいちえる/hyperlipemia)とは、高脂血症のことである。血液中の総コレステロール、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)、中性脂肪(トリグリセライド)のいずれかが基準より高いか、HDLコレステロール(善玉コレステロール)が基準値より低い状態を指す。

以前は総コレステロールが高いと、動脈硬化による合併症の発生リスクが高まると考えられていたため、総コレステロール220mg/dl以上を異常としてきた。しかしコレステロールのうち、LDLコレステロールは高値、HDLコレステロールは低値だと動脈硬化が進行し、よくないことが明らかになった。総コレステロールを基準にしてしまうと、HDLコレステロールが高い状態を含んでしまう場合がある。さらにHDLコレステロールが低い場合も、高脂血症と呼ぶのは適当ではない。このような経緯で診断基準が2007年に改定され、現在は脂質異常症と呼ばれている。

執筆: 勝呂俊昭

菊名記念病院 総合診療科医長 救命救急センター

SNSシェア

用語辞典トップへ