看護用語辞典 ナースpedia キーワード:群発頭痛

群発頭痛とは・・・

最終更新日 2018/05/28

群発頭痛(ぐんぱつずつう、cluster headache)とは、一次性頭痛(病変に起因しない機能性の頭痛)の一種である。

【病態】

片側の眼窩~側頭部にえぐられるような重度の激痛が深夜に突発性的に生じ、約15分~3時間持続する。流涙、結膜充血、閉、鼻漏、Horner症候群(交感神経の障害により眼瞼下垂、縮瞳、眼裂狭小、病側顔面の発汗低下の4徴候を生じるもの)などの自律神経症状を伴うことも特徴である。

群発期、寛解期を有することが多く、群発期にはほぼ毎日同じような時刻に生じるが、寛解期にはほぼ生じなくなる。その群発期の長さから反復性群発頭痛(約85%、数週間~数カ月の群発期と1カ月以上の寛解期を繰り返す)、慢性群発頭痛(約15%、1年以上慢性的に発作を繰り返し、寛解期は1カ月未満、あるいは認めない)に分類される。

【原因】

有病率は約0.1%で、20~40歳代の男性に多く、元々男性の方が女性より多いとされてきたが、徐々に優位性は下がってきている。高身長や大酒家のほか、喫煙との関連が示唆されており、飲酒や喫煙により頭痛が誘発される。有病者の5~20%に家族歴があったとする報告もあり、遺伝的素因が示唆されている。視床下部や三叉神経、または内頸動脈周囲などに発生源があるとされる説があるが、明らかな原因は不明とされている。

【診断】

診断には、頭部画像検査を含めた各種検査などにより二次性頭痛(頭蓋内出血や腫瘍といった病変による症候性の頭痛、あるいは副鼻腔炎や三叉神経痛)を除外することが必要である。鑑別として、くも膜下出血が挙げられるが、くも膜下出血の激しい頭痛は身動きがとれないが、群発頭痛は興奮状態にあり、のたうち回るという相違点がある。

【治療】

治療としては、急性期にはトリプタン製剤や高濃度(100%)酸素を吸入するといった治療があり、予防薬としてカルシウム拮抗薬が処方される。

執筆

石田 光

元 神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

点滴の留置針交換でモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(8)

タイミングの違いに関する3年目ナースのお悩み。あなたの職場ではどんなルールがある? [ 記事を読む ]

認知症の患者さん「攻撃性がある」と感じたら?

事例をもとに対応のポイントを解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1362
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1264
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1113
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1086
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
948
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
757
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者5192

◆呼吸器の問題◆緊張性気胸には表れにくい身体所見はどれでしょうか?

  • 1.気管偏位
  • 2.奇異呼吸
  • 3.頸静脈怒張
  • 4.皮下気腫
今日のクイズに挑戦!