最終更新日 2018/04/10

排尿困難

排尿困難とは・・・

排尿困難(はいにょうこんなん、urination disorder)とは、膀胱から尿を排出するときに問題があることを指す。

【症状・原因】
以下のような症状を呈し、これらの症状が複合してみられる。
・遷延性排尿:排尿開始までに時間がかかる
・尿勢低下:尿の勢いが弱い
・腹圧排尿:排尿の開始や尿線の維持のために腹圧が必要になる
・苒延(ぜんえん)性排尿:排尿開始から排尿終了するまでの時間が延長する
これらは下部尿路通過障害や排尿筋低活動、尿道括約筋機能亢進がある。
下部尿路通過障害の原因で最も頻度が高いのは男性の前立腺肥大症で、尿道狭窄でもみられる。
排尿筋低活動、尿道括約筋機能亢進は男女ともに神経因性膀胱で起こる。糖尿病脊髄疾患、骨盤内手術に伴う末梢神経障害や加齢によっても起こる。

【治療】
対処としては原因となる疾患の治療を行うことである。
薬物治療としては排尿筋低活動ではコリン作動薬やコリンエステラーゼ阻害薬。尿道括約筋機能亢進ではα1遮断薬が用いられる。また前立腺肥大では抗男性ホルモン薬が用いられることもある。
重症例や難治例では経尿道的前立腺切除術、被膜下前立腺腺腫出術といった外科的治療や自己導尿は膀胱留置カテーテル挿入が行われることもある。

執筆: 上村恵理

長崎大学病院 高度救命救急センター助教 救命救急センター

SNSシェア

用語辞典トップへ