看護用語辞典 ナースpedia キーワード:肺拡散能

肺拡散能とは・・・

最終更新日 2019/05/14

肺拡散能(はいかくさんのう、pulmonary diffusion)とは、肺胞から肺胞の毛細血管に酸素などのガスを供給する能力のことである。通常は一酸化炭素(CO)について測定し、肺胞分圧1mmHg当たり1分間に肺胞気から血中に移行するCOの容積(mL)で表現する(記号:DLCO)。
これはCOのヘモグロビン親和性がO2の210倍もあり、低濃度で測定でき、かつ肺毛細管内のCOを0とみなせるため、検査が簡単であるからである。

肺胞と毛細血管の間ではガス交換が行われている。ただし、吸い込んだ空気と血液が直接接触するのではなく、ガス交換が行われるためには、肺胞を構成する細胞、肺胞を取り巻いている間質、血管壁の細胞などのバリアを通り抜けて酸素や二酸化炭素が移動しなければならない。このバリアを通り抜ける能力を肺拡散能という。

【肺拡散能低下の要因】
肺拡散能の低下は、肺に原因がある場合と肺胞に接する血管に原因がある場合の2つに分類することができる。
■肺性因子
肺性因子では、肺胞壁が何らかの原因により障害が出て肺胞壁にガスが通過しにくくなることで、肺拡散能が低下する。
肺胞壁に障害が出る代表的な肺疾患として、間質性肺炎や急性呼吸吸促症候群などが挙げられる。
■肺外性因子 
肺外性因子では、以下のような要因が挙げられる。
心拍出量低下 
心拍出量が低下すると、肺胞に接する血管の血液量が低下し、肺胞のガスが血液内に移動できる量が減少する。それにより、拡散能が低下する。 
貧血喫煙 
血管内の大半の酸素はヘモグロビンによって運搬される。したがって、ヘモグロビンが減少すると肺胞から受け取れる酸素量が低下し、肺拡散能が低下する。
貧血では純粋にヘモグロビン量が低下することで肺拡散能が低下する。 喫煙、一酸化炭素(CO)中毒ではヘモグロビンにCOがつくことで、ヘモグロビンが酸素を受け取ることができなくなり、肺拡散能が低下する。

執筆

江角 亮

三重大学医学部附属病院 救命救急センター医員

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

電池切れ|マンガ・ぴんとこなーす【226】

夜勤明けあるある!夜勤ハイがずっと続くと思いきや… [ 記事を読む ]

【イラストで解説!】消化器系の解剖生理

胆汁は胆嚢から放出されます。では、胆汁を作るのはどこでしょう? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

TV番組、毎週どれだけ録画してる?

投票数:
1301
実施期間:
2019年05月31日 2019年06月21日

院内のジンクス教えて!

投票数:
1134
実施期間:
2019年06月04日 2019年06月25日

4番目に大切な人は?

投票数:
1108
実施期間:
2019年06月07日 2019年06月28日

「採血が難しい血管」選手権!

投票数:
1045
実施期間:
2019年06月11日 2019年07月02日

勤務先にめずらしい福利厚生、ある?

投票数:
945
実施期間:
2019年06月14日 2019年07月05日

エンゼルケアどこまでやっている?

投票数:
3338
実施期間:
2019年06月18日 2019年07月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者217

高血圧の患者さんの食事療法として、低脂肪・低コレステロールで、カリウムやカルシウム、マグネシウムなどのミネラル類が多い食品を複合的に摂取し、血圧を抑える食事療法をなんというでしょうか?

  • 1.ARASHI食
  • 2.VS食
  • 3.DASH食
  • 4.TOKIO食
今日のクイズに挑戦!