看護用語辞典 ナースpedia キーワード:肺拡散能

肺拡散能とは・・・

最終更新日 2018/12/13

肺拡散能(はいかくさんのう、pulmonary diffusing capacity)とは、肺胞と毛細血管の間で行われるガス交換において、酸素や二酸化炭素が肺胞膜を移動する能力のことである。また、体内に酸素を取り込む能力を示す指標である。

肺拡散能は機能検査用の機械で測定する(肺拡散能検査1)、2

肺拡散能は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、間質性肺疾患や肺線維症などの疾患で低下する。

 

引用参考文献
1)“呼吸器Q&A Q2 肺機能検査とはどのような検査法ですか?”.日本呼吸器学会.
2)医療情報科学研究所編.病気がみえるvol.4呼吸器.第2版.メディックメディア,2013,368p.(ISBN9784896324617)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

「白衣の戦士!」で学ぶ癒着性腸閉塞の治療とケア

この春始まった新ドラマを題材に、ナースに必要な医学知識を楽しく解説! [ 記事を読む ]

JCSっていつ、どんなときに使うの?

患者さんを見て、すぐに「JCS●点!」って評価できますか? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

看護師の仕事は好きですか?

投票数:
1338
実施期間:
2019年04月05日 2019年04月26日

腰が痛くて困ったことはありますか?

投票数:
894
実施期間:
2019年04月12日 2019年05月03日

職場の飲み会でお酌しますか?

投票数:
880
実施期間:
2019年04月16日 2019年05月07日

【転職経験者さん限定】前の病院と違っていて驚いたことありますか?

投票数:
495
実施期間:
2019年04月19日 2019年05月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2618

以下のうち、小児の原始反射ではないものはどれでしょうか?

  • 1.モロー反射
  • 2.手掌把握反射
  • 3.足踏み反射
  • 4.パラシュート反射
今日のクイズに挑戦!