1. 動画でわかる!看護技術>
  2. 針刺し事故の防止> 血液・体液曝露時の対応

2015年06月19日

血液・体液曝露時の対応|針刺し事故の防止(5)


【監修】

公立南丹病院 看護部

監修者・監修病院についての詳細

 

血液・体液曝露後の対応

【原則】曝露が発生したら、患者さんの安全確保を優先する

 

(1)近くの職員を呼び、安全確保をお願いする

⇒あらたなインシデントを防ぐことを第一に考える

(2)流水と石けんで洗い、可能なら消毒をおこなう

⇒洗い終えたら、リーダーや部署責任者などにすみやかに報告をおこなう

■ポイント■

ゴーグルやマスクなどの防具の装着を怠ると、目周辺に曝露することがある

⇒曝露したときは、すみやかに流水で洗い流すようにつとめる

 

■ポイント■

血液・体液曝露を防止するために普段から防護につとめるようにする

関連記事

いちおし記事

准看護師を選んだ理由で一番多いのは?

現状に不満は?将来像は?本音が集まりました。 [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

最近の新人教育の方針は?

投票数:
876
実施期間:
2018年09月04日 2018年09月25日

休憩時間とれてる?

投票数:
807
実施期間:
2018年09月11日 2018年10月02日

寿退職したい? したくない?

投票数:
690
実施期間:
2018年09月18日 2018年10月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者109

気管挿管時に声門の全体像が見えにくい場合、介助者が行うBURP法。このBURP法はそれぞれ何の頭文字をとったものか、以下の中で間違っているものはどれでしょうか?

  • 1.Backward:後方
  • 2.Upward:頭側
  • 3.Ring:輪状
  • 4.Pressure:押す
今日のクイズに挑戦!