針の廃棄方法 | 針刺し事故の防止【4】

【監修】

公立南丹病院 看護部

 

鋭利器材専用廃棄容器の特徴

・耐貫通性で、液漏れを起こさないように設計されている

・針を自然に投入することができる形状になっている。足で開閉できるタイプもある

・フタを閉めることができ、万が一倒れたとしても、中身が飛び出さない形状や構造になっている

・土台が付いているなど、誤って倒れにくい構造をしている

 

容器交換のタイミング

容器の中身がおよそ80%程度に達したら、容器を交換する

⇒中身がいっぱいになっていると、振動などであふれ出たりする恐れもあるので注意

 

針の廃棄方法

・膿盆などにおかれた注射器や針は、手で捨てず、鑷子(せっし)などを使って捨てる


・組み立て式の鋭利機材線尿廃棄容器を使う場合は、平らな場所で四隅がカチッというまで上ふたを閉じる


・廃棄容器を持ち運ぶ際は、上ふたを持って運ばないように注意する 

この記事をシェアしよう

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ