針の取り扱い | 針刺し事故の防止【3】

【監修】

公立南丹病院 看護部

 

注射針の安全装置には、さまざまな種類がある。
種類によって安全装置の作動方法が異なるため、正しく知識を持って実践していくことで、針刺し事故の発生リスクや感染リスクを抑えることができる

 

安全装置付き翼状針

安全装置付き翼状針は、ハネの部分を固定したまま本体を両側から押し、針本体を抜くと、自動的に収納ホルダーに針が収納されるしくみ

 

針刺し防止機構付き採血用シリンジ

針刺し防止機構付きの採血用シリンジは、採血を行ったあと、カバーを安全な場所に押し付けて閉じることによって、針を保護するしくみ

SNSシェア

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ