2015年06月19日

基本|針刺し事故の防止(1)


【監修】

公立南丹病院 看護部

監修者・監修病院についての詳細

 

針の取り扱いの原則

下記の原則を守ることで、針刺し事故のリスクを低く抑えることができる

 

●針を持って歩かない

 

●針を人に手渡さない

 

●針をリキャップしない (リキャップする場合は、安全で確実な方法を用いる)

 

●針は使用者自身が責任を持って廃棄する

 

●手指消毒と手袋を忘れない

関連記事

いちおし記事

新人ナースのインシデント。プリセプターの効果的な対応法は?

秋はインシデント増加の時期。再発を防止できる振り返りとは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

最近の新人教育の方針は?

投票数:
886
実施期間:
2018年09月04日 2018年09月25日

休憩時間とれてる?

投票数:
819
実施期間:
2018年09月11日 2018年10月02日

寿退職したい? したくない?

投票数:
701
実施期間:
2018年09月18日 2018年10月09日

現金100万円、一度で使い切るなら何に使う?

投票数:
173
実施期間:
2018年09月25日 2018年10月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2417

気管挿管時に声門の全体像が見えにくい場合、介助者が行うBURP法。このBURP法はそれぞれ何の頭文字をとったものか、以下の中で間違っているものはどれでしょうか?

  • 1.Backward:後方
  • 2.Upward:頭側
  • 3.Ring:輪状
  • 4.Pressure:押す
今日のクイズに挑戦!