血液・体液曝露時の対応 | 針刺し事故の防止【5】

【監修】

公立南丹病院 看護部

 

血液・体液曝露後の対応

【原則】曝露が発生したら、患者さんの安全確保を優先する

ポイント 曝露が発生したら、まず患者さんの安全確保を優先する

 

(1)近くの職員を呼び、安全確保をお願いする

⇒あらたなインシデントを防ぐことを第一に考える

(2)流水と石けんで洗い、可能なら消毒をおこなう

⇒洗い終えたら、リーダーや部署責任者などにすみやかに報告をおこなう

■ポイント■

ゴーグルやマスクなどの防具の装着を怠ると、目周辺に曝露することがある

⇒曝露したときは、すみやかに流水で洗い流すようにつとめる

 

■ポイント■

血液・体液曝露を防止するために普段から防護につとめるようにする

ポイント 血液・体液曝露を防止するために普段から防護に努める

SNSシェア

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ