2015年06月19日

カフ圧の管理|気管挿管の介助(3)


【監修】

東京労災病院 看護部

監修者・監修病院についての詳細

 

「気管挿管」におけるカフ圧管理

(1)カフ圧計を気管チューブのパイロットカフにつなげ、適正な圧に設定、維持する

■ポイント■

カフ圧の基準は、15~22mmHg

※かならず患者さんの容態に合わせて設定する

■ポイント■

カフ圧が高すぎると、気管を痛め、壊死の原因となるので注意する

 

■カフ圧確認のタイミング■

  • 各勤務帯最低1回は必ず確認する
  • 患者の努力呼吸がみられた場合
  • 一回換気量の低下がみられた場合
  • SpO2の低下がみられた場合
  • 気道内圧の低下がみられた場合
  • いびきの様な音が聞こえた場合

関連記事

いちおし記事

准看護師を選んだ理由で一番多いのは?

現状に不満は?将来像は?本音が集まりました。 [ 記事を読む ]

輸液中の空気、人体に入ってしまったらどうなるの?

ルート内に空気が入った場合、どれくらいまで大丈夫? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

最近の新人教育の方針は?

投票数:
873
実施期間:
2018年09月04日 2018年09月25日

休憩時間とれてる?

投票数:
803
実施期間:
2018年09月11日 2018年10月02日

寿退職したい? したくない?

投票数:
682
実施期間:
2018年09月18日 2018年10月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3914

以下の中で、拘束性換気障害に分類される疾患はどれでしょうか?

  • 1.気管支喘息
  • 2.慢性気管支炎
  • 3.肺気腫
  • 4.間質性肺炎
今日のクイズに挑戦!