1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A>
  4. PONV(ポンブ)の対策とは?|術後の悪心・嘔吐

2017年02月13日

PONV(ポンブ)の対策とは?|術後の悪心・嘔吐

『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。

今回は「PONVの対策」に関するQ&Aです。

PONVの対策とは?

PONVリスクの高い患者を同定し、リスクに応じた対策を行います。

〈目次〉

 

PONVとは?

PONV(postoperative nausea and vomiting、ポンブと呼ばれています)は術後の悪心・嘔吐のことです。その頻度は25~30%とされていますが(1)、日本人ではやや少ないともいわれています(2)。

日帰り手術や早期退院の多い欧米では、PONVが退院困難や再入院の原因となることから、その対策には積極的で、エビデンスに基づいたガイドラインがいくつか存在します。しかしわが国では独自のガイドラインはいまだ存在せず、PONV対策が定着していません。

 

PONVを起こしやすい患者

PONVの発生機序はいまだ不詳なことが多いのですが、PONVを起こしやすい患者は明らかになっています。患者要因、麻酔要因、手術要因、それぞれにリスク因子が存在します(表1)。

表1PONVのリスク因子

患者因子 女性、PONV・乗り物酔いの既往、非喫煙者、若年、片頭痛持ち
麻酔因子 揮発性麻酔薬(セボフルラン、イソフルラン)の使用、亜酸化窒素(笑気)の使用、長い 麻酔時間、術後のオピオイド使用
手術因子 胆囊摘出術、腹腔鏡手術、婦人科手術

Apfel CC, Heidrich FM, Jukar-Rao S, et al. Evidence-based analysis of risk factors for postoperative nausea and vomiting.Br J Anaesth 2012;109:742-753. を参考に作成

Apfelら(4)は、これを単純化して4大リスク因子(①女性、②乗り物酔い・PONVの既往、③非喫煙者、④術後のオピオイド使用)として報告しています。4大リスク因子の数が0、1、2、3、4つあると、PONVの予測頻度はそれぞれ、10%、20%、40%、60%、80%になると報告されています。

 

PONVの予防策

PONVの発生頻度は25~30%であるため、手術を受けるすべての患者に予防策を講じることは、医療経済的側面からも好ましくありません。

しかし、リスクの高い患者には予防策を講じることが推奨されています。前述したApfelの4大リスク因子の数によってリスク分類し、リスクに応じた対策を行います(表2)。

表2PONVの予防策

リスク因子の数(予測頻度) リスク分類 対策
0~1個(20%以下) 低リスク 予防策は行わない
2個(40%) 中リスク 予防的に制吐薬を1剤投与
3~4個(60%以上) 高リスク PONVを起こしにくい麻酔方法(*1)の選択作用機序の異なる複数種類の制吐薬(*2)の予防的投与

*1 PONV を起こしにくい麻酔方法
・吸入麻酔薬を使用せずプロポフォールによる全静脈麻酔(TIVA)を行う
・硬膜外麻酔による鎮痛を軸とする麻酔を行うことでオピオイドの使用量を抑える
・術後鎮痛もNSAIDs を併用してオピオイドの使用量を抑える

*2 PONV に使用できる制吐薬
欧米ではセロトニン作動性(5-HT3 )受容体拮抗薬(オンダンセトロン塩酸塩水和物; ゾフラン® など)やステロイドであるデキサメタゾン(デカドロン)の使用が推奨されているが、わが国ではPONV に 保険適応がない。日本でも使用できる主な薬剤は、ドロぺリドール(ドロレプタン® )、プロクロルペラジン(ノバミン® )、 メトクロプラミドメシル塩酸塩(プリンペラン® )などである。

新山幸俊:ERAS プロトコールにおける術後管理・疼痛管理・PONV 対策.医学のあゆみ 2012;240:839-844. を 参考に作成

 

PONVの治療(2,6)

悪心・嘔吐が生じた場合は、まずはPONV以外に悪心・嘔吐の原因になる所見がないかを観察します。例えば腹部膨満(イレウスなど)や胃管の閉塞、他にも低血圧、低酸素血症、電解質異常、不整脈などでも悪心・嘔吐が生じることがあり、このような場合は原因の治療を行います。

また術後にオピオイドの投与を行っている場合は、オピオイドによる催吐作用の可能性を考えオピオイドを減量もしくは中止した後に制吐薬を投与します。

しかし、わが国では欧米のガイドラインで推奨されている多くの制吐薬が使用できないため、独自のガイドラインの完成が待たれます。

 

⇒〔術前・術後ケア〕記事一覧を見る


[文献]


[Profile]
久保健太郎
大阪市立総合医療センター看護部


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典]『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』(編著)西口幸雄/2014年5月刊行

術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100

著作権について

この連載

  • 腹腔鏡手術って本当に痛くないの? [02/27up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「腹腔鏡手術」に関するQ&Aです。 腹腔鏡手術って本当に痛くないの? いいえ、痛みはあります。ただし開腹手術と比較して傷が小さいため、痛... [ 記事を読む ]

  • 術後の鎮静スケールは何を使用する? [02/20up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術後の鎮静スケール」に関するQ&Aです。 術後の鎮静スケールは何を使用する? 人工呼吸中の鎮静評価にはRASSの使用が推奨されています... [ 記事を読む ]

  • PONV(ポンブ)の対策とは?|術後の悪心・嘔吐 [02/13up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「PONVの対策」に関するQ&Aです。 PONVの対策とは? PONVリスクの高い患者を同定し、リスクに応じた対策を行います。 ...

  • 術後に尿が少なくても朝まで様子を見ていいの? [02/06up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術後の尿量」に関するQ&Aです。 術後に尿が少なくても朝まで様子を見ていいの? いいえ。術後尿量は循環動態を示す重要な因子であり、きめ... [ 記事を読む ]

  • 腹水・胸水がたまったときは、利尿薬の投与だけでいいの?|術前・術後ケア [01/30up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「腹水・胸水がたまった際の利尿薬の投与」に関するQ&Aです。 腹水・胸水がたまったときは、利尿薬の投与だけでいいの? いいえ。病態に応じ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 経皮的ドレナージの方法と処置 | ドレーン・カテーテル・チューブ管理 [01/22up]

    『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。 今回は経皮的ドレナージの方法と処置について説明します。   Point 最近は、画像診断装置のガイド下で、非手術的に液体貯留や膿瘍をドレナ... [ 記事を読む ]

  • サードスペース|“コレ何だっけ?”な医療コトバ [11/02up]

    『エキスパートナース』2015年4月号より転載。 サードスペースについて解説します。 サードスペースとは・・・ 術後、重症感染症、外傷でよく聞くコトバ 水分の血管外漏出を示す概念。解剖学的には存在しない ... [ 記事を読む ]

  • スパーテル|鈎(3) [09/30up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『スパーテル』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方については様々な説があるため、内容の一部については、筆者の経験や推測に基づいて解説して... [ 記事を読む ]

  • 再建手術以外の選択肢になるか?乳がん切除後のケア「3Dタトゥー」とは [08/15up]

    乳がんによって乳房を失うという経験は、切除手術を受けるというだけでなく、女性としての象徴を失うという意味も持ちます。多くの患者さんは自分の身体を鏡で見ることが嫌になるそうです。 そんな患者さんのために、アメリカのカンザス州で働... [ 記事を読む ]

  • 腹壁鈎(鞍状鈎)|鈎(6) [07/27up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『腹壁鈎(鞍状鈎)』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方についてはさまざまな説があるため、内容の一部については、筆者の経験などに基づいて... [ 記事を読む ]

いちおし記事

【マンガ】おうちで死にたい2巻 発売記念

主人公の花が訪問看護師を目指すキッカケとなったお話を公開! [ 記事を読む ]

そもそも不穏って何?

不穏のメカニズム、せん妄との違い [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

朝起きて洗顔する?しない?

投票数:
1014
実施期間:
2018年10月29日 2018年11月19日

入院中の転倒による障害に対し、病院に2770万円の賠償命令。看護師としてどう思う?

投票数:
951
実施期間:
2018年10月30日 2018年11月20日

看護師になって初めて知った衝撃の事実!

投票数:
856
実施期間:
2018年11月02日 2018年11月23日

准看護師か看護師であることを意識する?

投票数:
868
実施期間:
2018年11月02日 2018年11月23日

学生時代、部活何やってた?

投票数:
882
実施期間:
2018年11月06日 2018年11月27日

風邪をひいたら抗生物質(抗菌薬)もらう?

投票数:
789
実施期間:
2018年11月09日 2018年11月30日

自分の体、何で洗ってる?

投票数:
667
実施期間:
2018年11月13日 2018年12月04日

【究極の選択】結婚するならどっち? あなたが好きな男性vsあなたを好きな男性

投票数:
345
実施期間:
2018年11月16日 2018年12月07日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者210

下腿の開放骨折で入院中の20歳の男性。開放骨折部に感染があり、創部より滲出液が出ています。医師から、創部の培養検査の指示が出ました。患者さんのところに行ってみると、創部からガーゼが剥がれており、ガーゼには滲出液のかたまりと、未乾燥の滲出液がついていました。以下のうち、この患者さんの培養検査の採取方法で正しいのはどれでしょうか?

  • 1.創周囲を滅菌生理食塩水で十分洗浄した後、スワブで創部を拭って採取する。
  • 2.ガーゼに付着した乾燥した滲出液のかたまりを滅菌した鑷子で採取し、滅菌容器に入れる。
  • 3.ガーゼに付着した未乾燥の滲出液の部分を滅菌の剪刀で切り取り、滅菌容器に採取する。
  • 4.創周囲を洗浄せずにそのまま滅菌スワブで拭って採取する。
今日のクイズに挑戦!