1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A>
  4. 脊椎麻酔後、髄液が漏れて頭痛が起こるというけれど、体位変換は禁止?

2016年12月19日

脊椎麻酔後、髄液が漏れて頭痛が起こるというけれど、体位変換は禁止?

『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。

今回は「脊椎麻酔後の体位変換」に関するQ&Aです。

金沢晋弥
大阪市立総合医療センター麻酔科
編著 西口幸雄
大阪市立十三市民病院病院長

 

脊椎麻酔後、髄液が漏れて頭痛が起こるというけれど、体位変換は禁止?

体位変換や頭部のギャッチアップは可能です。できる範囲で早期離床を進めましょう。

〈目次〉

 

なぜ脊椎麻酔後に身体を動かしてもいいの?

最近では脊髄クモ膜下麻酔後の頭痛、すなわち硬膜穿刺後頭痛に対する認識が広まり、その発生頻度は5%以下に低下しているといわれています。その理由には、穿刺針の改良(図1)や麻酔科医の慎重な穿刺操作などが考えられます(1)。

図1さまざまな形状の穿刺針

さまざまな形状の穿刺針

クインケ針による硬膜の損傷を最小限に抑えるため、スプロット針やウィテカー針といった先端が鋭利でない針が開発された。これらはペンシルポイント針と呼ばれ、頭痛の発生頻度を下げるといわれている。

また硬膜穿刺後頭痛に関する研究も進んでおり、一般的には硬膜穿刺後頭痛の予防と体位やベッド上安静とは関係ないと考えられています(2)。

 

脊椎麻酔後に身体を動かしてもいい根拠は?

そもそも硬膜穿刺後頭痛は、硬膜の穿刺部位から脳脊髄液が漏出し、脳脊髄液が減少することによって起こるとされています(図2)。

図2硬膜穿刺後頭痛を引き起こす原因

硬膜穿刺後頭痛を引き起こす原因

脳脊髄液が減少すると、体位によって脳が尾側に落ち込んで不自然な力が加わったり、脳血管が拡張するなどして頭痛が起こると考えられていたので、身体を動かすことにより脳脊髄液の漏出が多くなり、頭痛がひどくなるのではないかとの懸念がありました。

これに対しては多くの研究がなされていますが、現在のところ、脊髄クモ膜下麻酔後の体位やベッド上安静が硬膜穿刺後頭痛の予防や治療に効果的であったという強い根拠はありません。

 

体位変換はどのように行う?

できる範囲で体位変換や頭部のギャッチアップを行いましょう。ただし、主治医や麻酔科医から特別に安静指示があれば、その指示が優先されます。また全身麻酔と同様に、麻酔後しばらくは呼吸や循環などのバイタルサインや神経学的所見を観察することも重要です。

硬膜穿刺後頭痛は、穿刺後数日で発症して1週間程度で改善することが多く、症状は、立位や座位など、頭を起こす姿勢で増悪するのが特徴です。いったん発症してしまうと、体位変換や頭部のギャッチアップには大変な苦痛を伴います。ですから基本的には安静臥床とし、患者の楽な姿勢で経過を観察することになります。

対症療法としては、輸液負荷やアセトアミノフェン、非ステロイド系消炎鎮痛薬などがあり、頭痛が長期間改善しない場合は、硬膜外自家血注入法(ブラッドパッチ)も検討する必要があります。また、コーヒー、紅茶などのカフェイン含有飲料は頭痛を軽減させるようです。

 


[文献]


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典] 『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』 (編著)西口幸雄/2014年5月刊行/ 株式会社照林社

著作権について

この連載

  • 術後の発熱には解熱薬を投与したほうがいい? [01/02up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術後発熱に対する解熱薬の投与」に関するQ&Aです。 久保健太郎 大阪市立総合医療センター看護部 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長 ... [ 記事を読む ]

  • 全身麻酔後、覚醒状態でも枕は入れてはいけない? [12/26up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「全身麻酔後の覚醒状態」に関するQ&Aです。 金沢愛弓 多根総合病院手術室主任 奥谷 龍 大阪市立総合医療センター麻酔科 編著 西口幸雄 大阪市... [ 記事を読む ]

  • 脊椎麻酔後、髄液が漏れて頭痛が起こるというけれど、体位変換は禁止? [12/19up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「脊椎麻酔後の体位変換」に関するQ&Aです。 金沢晋弥 大阪市立総合医療センター麻酔科 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   ...

  • 全身麻酔後、ルーチンの酸素投与は必要? [12/12up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「全身麻酔後の酸素投与」に関するQ&Aです。 久保健太郎 大阪市立総合医療センター看護部 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   ... [ 記事を読む ]

  • 術後の安静は必要? [12/05up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「術後の安静」に関するQ&Aです。 池田克実 大阪市立総合医療センター乳腺外科部長 編著 西口幸雄 大阪市立十三市民病院病院長   ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 手術侵襲による生体変化 [12/14up]

    『オペナース』2014年創刊号<術前・術後看護の視点 -フィジカルアセスメントを中心に>より抜粋。 手術侵襲による生体変化について解説します。 Point 手術侵襲時には,ホルモン分泌を中心とした神経内分泌反... [ 記事を読む ]

  • アドソン開創器・ベックマン開創器|開創器(2) [08/10up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、整形外科の手術で使用される『アドソン開創器・ベックマン開創器』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方についてはさまざまな説があるため、内容... [ 記事を読む ]

  • 術後の鎮痛・鎮静管理の必要性 [12/27up]

    『基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座』より転載。 今回は、術後の鎮痛・鎮静管理の必要性について解説します。 術後になぜ鎮痛・鎮静が必要か 1)術後の疼痛 疼痛は原因によって,侵害受容性疼痛と神経因性疼痛に... [ 記事を読む ]

  • クーパー剪刀|剪刀(1) [03/15up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『クーパー剪刀』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方については様々な説があるため、内容の一部については、筆者の経験や推測に基づいて解説し... [ 記事を読む ]

  • マチュー持針器|持針器(1) [05/03up]

    手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『マチュー持針器』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方については様々な説があるため、内容の一部については、筆者の経験や推測に基づいて解説... [ 記事を読む ]

いちおし記事

「急性期ベッドが減る」って本当に本当なの?|看護roo!ニュース

次の改定、7対1看護の条件がさらに厳しくなるかも!?なぜかというと… [ 記事を読む ]

与薬原則の6つのR、言える?

与薬のミスを防ぐために…! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護師のお給料って安くないですか?

投票数:
1294
実施期間:
2019年06月28日 2019年07月19日

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1200
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1097
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1004
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
931
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
667
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者267

近年注目されている精神療法で、入院や薬物治療ではなく、対話を重視した治療方法をなんというでしょうか?

  • 1.家族療法
  • 2.リフレクティング
  • 3.オープンダイアローグ
  • 4.バイオフィードバック
今日のクイズに挑戦!