1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 看護のためのからだの正常・異常>
  4. 排尿はどのような仕組みで行われるの?

2016年12月12日

排尿はどのような仕組みで行われるの?

解剖生理Q&A

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

〈前回〉

尿道は男女でどのように異なるの?

今回は「排尿のしくみ」に関するQ&Aです。

 

排尿はどのような仕組みで行われるの?

尿は左右の尿管から、一定の速度で少量ずつ膀胱内に流れ込みます。しかし、尿が流れ込んだからといって必ずしも尿意を感じるわけではありません。これは、膀胱内に300mLほどの尿がたまるまでの間、膀胱内圧がほとんど変化しないからです。

膀胱内の尿が400mLを超えると、膀胱内圧が急激に上昇します。すると、膀胱壁が引き伸ばされ、壁にある伸展受容器が刺激されます。この刺激が脊髄から脳幹の排尿中枢に伝わり、さらに大脳皮質を通って脊髄(仙髄)の排尿中枢に伝えられます(図1)。

図1排尿の仕組み

排尿の仕組み

 

大脳で「排尿をしよう」と決めると、その刺激は膀胱の排尿筋(平滑筋)を収縮させるとともに、不随意筋の内尿道括約筋を弛緩させます。さらに、随意筋である外尿道括約筋を弛緩させ、腹圧をかけることによって排尿に至ります。

 

COLUMN脊髄損傷と排尿異常

排尿を促す神経は仙髄から出ている骨盤神経です。逆に腰髄からの下腹神経は排尿を抑制するように働きます。この2つの神経は、膀胱平滑筋や膀胱括約筋を支配しています。また、仙髄から出ている陰部神経は、尿道に出てきた尿を外尿道口に強く押し出すように働きます。そして、これらの神経を統合的に調節しているのが、脳幹の排尿中枢であり、さらにその上位の大脳皮質です。

従って、脊髄の上方に損傷を受けると、これらの抑制的支配がなくなって骨盤神経の支配のみを受けることになるため、排尿反射が起きやすくなります。逆に、仙髄に損傷を受けると排尿反射が起こらなくなり、排尿困難を生じます。

 

〈次回〉

排尿を我慢できるのはなぜ?

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』(監修)山田幸宏/2016年2月刊行

看護のためのからだの正常・異常ガイドブック

 引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 肝臓が化学工場と呼ばれるのはなぜ? [12/22up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は肝臓の機能に関するQ&Aです。 肝臓が化学工場と呼ばれるのはなぜ? 肝臓には、栄養素の代謝と貯蔵、薬物や中毒性物質の解毒・分解・排泄、血液性状の調節、胆汁の分泌、... [ 記事を読む ]

  • 排尿を我慢できるのはなぜ? [12/15up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 排尿はどのような仕組みで行われるの? 今回は「排尿のコントロール」に関するQ&Aです。   排尿を我慢できるのはなぜ? 例えば、電車に乗って... [ 記事を読む ]

  • 排尿はどのような仕組みで行われるの? [12/12up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 尿道は男女でどのように異なるの? 今回は「排尿のしくみ」に関するQ&Aです。   排尿はどのような仕組みで行われるの? 尿は左右の尿管から、...

  • 尿道は男女でどのように異なるの? [12/08up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 膀胱にためられる尿の量はどれくらい? 今回は「尿道」に関するQ&Aです。   尿道は男女でどのように異なるの? 膀胱にためられた尿を排泄する... [ 記事を読む ]

  • 膀胱にためられる尿の量はどれくらい? [12/05up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 腎臓で生成された尿は、 どういう経路で排出されるの? 今回は「膀胱の容量」に関するQ&Aです。   膀胱にためられる尿の量はどれくらい? 膀... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

ナースコールが多い人の特徴

ナースコールがないのは、平穏な証拠…とは限りません。 [ 記事を読む ]

結核疑いの患者さんは「◯◯室」に入室。さて、◯◯に入るのは?

結核は、集団感染が起こりやすい疾患の一つです。集団感染を引き起こさないために、結核の疑いのある患者さんにはどのような部屋に入ってもらうでしょうか?検査法などとともに解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

夜勤手当、いくらが妥当?

投票数:
639
実施期間:
2017年11月24日 2017年12月15日

院内勉強会…。忙しくても「出席したい」と思うテーマは?

投票数:
1417
実施期間:
2017年11月28日 2017年12月19日

摘便って得意?

投票数:
543
実施期間:
2017年12月01日 2017年12月22日

インフルエンザの症状、何がいちばんツラい?

投票数:
520
実施期間:
2017年12月05日 2017年12月26日

「これは腰にくる…」どの場面が一番ツラい?

投票数:
456
実施期間:
2017年12月08日 2017年12月29日

仕事で使うボールペン、推しメーカーある?

投票数:
385
実施期間:
2017年12月12日 2018年01月02日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者196

88歳男性の入院患者のAさん。強い便秘症状があり、自宅では毎日下剤を内服しており、入院後もその下剤を持参して服薬しています。「昨日は少量の便が出たが、下の方の腹が重苦しいし、腹が膨れてきた。張って苦しい」と訴えます。今日は硬便が少量あり、医師により指示されたグリセリン浣腸を実施しました。しかし、反応便は水様便少量と排液のみで、腹部症状の改善は見られませんでした。看護師のあなたがAさんに次に行う対応で最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.直腸に便がないか直腸診を試みる。
  • 2.再度グリセリン浣腸を実施する。
  • 3.グリセリン浣腸後、摘便を実施する。
  • 4.経過観察とする。
今日のクイズに挑戦!