尿道は男女でどのように異なるの?

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

 

[前回]

膀胱にためられる尿の量はどれくらい?

 

今回は「尿道」に関するQ&Aです。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

尿道は男女でどのように異なるの?

膀胱にためられた尿を排泄するための管状部分を尿道といいます。

 

男性の尿道は尿路と輸精管(ゆせいかん)を兼ねており、長さは成人で約18cmです。

男性の泌尿器の構造

男性の泌尿器の構造

 

尿道は前立腺を貫き、陰茎内を通って亀頭の先端に外尿道口が開いています。男性の尿道は全体にS字状に曲がっているため、導尿の際には注意が必要です。

 

女性の尿道は成人で3〜4cmの長さで、腟の前方を通り、腟の前庭〔ぜんてい〕(前方)に外尿道口が開いています。

 

女性の泌尿器の構造

女性の泌尿器の構造

 

女性の尿道は短いため、外尿道口からの尿路感染を起こしやすく、注意が必要です。

 

MEMO尿路感染

腎臓からの尿道に起きる感染症。炎症を起こす部位によって腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎などがあります。

 

MEMO膀胱炎(ぼうこうえん)

細菌感染(ほとんどは大腸菌)によって膀胱に炎症が起きた状態。長時間尿意を我慢したり、風邪を引いたり、月経などによって体の防御機能が低下した時に起こりやすくなります。

 

 

[次回]

排尿はどのような仕組みで行われるの?

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ