1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. ワンポイント生理学>
  4. 発熱|体温とその調節

2016年11月20日

発熱|体温とその調節

看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。

〈前回の内容〉

発熱物質|体温とその調節

今回は、発熱について解説します。

片野由美
山形大学医学部名誉教授
内田勝雄
山形県立保健医療大学名誉教授

 

〈目次〉

 

Summary

  • 発熱は、発熱物質の作用でセットポイントが正常体温より高くなることに起因する。
  • 発熱初期の悪寒は、現象として運動初期の酸素不足と似ている。
  • 回復期の発汗は、現象として運動終了後の酸素負債と似ている。

 

発熱の起因

発熱 fever、pyrexia は、発熱物質 pyrogen の作用でセットポイントが正常体温より高くなることに起因する。

図1“熱負債”と酸素負債の比較

“熱負債”と酸素負債の比較

 

図1のように体温調節のセットポイントが上昇したときに実際の核心温はすぐには追随できないので時間遅れが生じる。これは運動初期に、その運動に必要な酸素消費量 oxygen consumption に実際の酸素摂取量 oxygen uptake が追いつかないため、酸素不足 oxygen deficiency が生じる現象に似ている。

酸素不足は解糖系 glycolysis などの嫌気的 anaerobic ATP産生系によりO2不足を補う。発熱の場合も視床下部 hypothalamus で設定されたセットポイントまで実際の体温を上げるために皮膚血管収縮で熱放散を抑制し、ふるえで熱産生を亢進させる。これが風邪の引きはじめに経験する悪寒 chill である。

 

 

熱型

発熱は、日内あるいは日間の変動のパターンにより熱型に分類される。発熱を伴う疾患のなかには、次のような特有の熱型を示すものがある。

弛張熱 remittent fever
最高体温および最低体温の日内差(日差)が1℃以上あり、最低体温も37℃以上の発熱。敗血症 sepsis や結核 tuberculosi の末期でみられる。

持続(稽留)熱 continued fever
体温が38℃を超える値で持続して、日差は1℃未満の発熱。腸チフス typhoid fever の極期に認められることが多い。

周期熱 periodict fever
無熱期と有熱期が一定の間隔をおいて規則的な周期で現れる発熱。代表的な疾患としてマラリア malaria がある(図2)。

図2熱型

熱型

 

NursingEye

発熱物質が除去されると、体温調節のセットポイントが正常値まで下がる。このとき実際の体温は急に下がるわけではないので、皮膚血管拡張で熱放散を亢進させたり、発汗が起こる。汗をかくと風邪が治るとよくいわれるが、実際には風邪が治って、体温調節のセットポイントが正常に戻り、実際の体温をそこまで下げるために汗をかくのである。すなわち、風邪が治ったから汗をかくのである。

 

〈次回〉

高熱|体温とその調節

⇒〔ワンポイント生理学〕記事一覧を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『新訂版 図解ワンポイント 生理学』 (著者)片野由美、内田勝雄/2015年5月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 下垂体前葉ホルモン|内分泌 [02/03up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 今回は、下垂体前葉ホルモンについて解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療大学名誉教授   〈目次〉 ... [ 記事を読む ]

  • 発熱|体温とその調節 [11/20up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 発熱物質|体温とその調節 今回は、発熱について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療大学...

  • 視床下部ホルモン|内分泌 [01/29up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 今回は、視床下部ホルモンについて解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療大学名誉教授   〈目次〉 ... [ 記事を読む ]

  • 内分泌の階層的調節|内分泌 [01/27up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 ホルモンの化学構造|内分泌 今回は、内分泌の階層的調節について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形... [ 記事を読む ]

  • ホルモンの化学構造|内分泌 [01/22up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 内分泌の特徴|内分泌 今回は、ホルモンの化学構造について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 認知症に関するQ&A [01/01up]

    『看護のための症状Q&Aガイドブック』より転載。 今回は「認知症」に関するQ&Aです。 岡田 忍 千葉大学大学院看護学研究科教授   認知症の患者からの訴え 「もの忘れが激しくなりました」 ... [ 記事を読む ]

  • 運動障害に関するQ&A [12/25up]

    『看護のための症状Q&Aガイドブック』より転載。 今回は「運動障害」に関するQ&Aです。 岡田 忍 千葉大学大学院看護学研究科教授   〈運動障害に関連する症状〉   〈目次〉 ... [ 記事を読む ]

  • 頭痛に関するQ&A [12/11up]

    『看護のための症状Q&Aガイドブック』より転載。 今回は「頭痛」に関するQ&Aです。 岡田 忍 千葉大学大学院看護学研究科教授   頭痛の患者からの訴え 「頭痛がします」   ... [ 記事を読む ]

  • 食欲不振に関するQ&A [10/16up]

    『看護のための症状Q&Aガイドブック』より転載。 今回は「食欲不振」に関するQ&Aです。 岡田 忍 千葉大学大学院看護学研究科教授   食欲不振の患者からの訴え 「おなかが減りません」 ... [ 記事を読む ]

  • 胸痛に関するQ&A [09/11up]

    『看護のための症状Q&Aガイドブック』より転載。 今回は「胸痛」に関するQ&Aです。 胸痛の患者からの訴え 「胸が痛みます」 「胸に違和感があります」 「圧迫されるような感じがあります」 ... [ 記事を読む ]

いちおし記事

思い残し|マンガ・ぴんとこなーす【253】

看護師として働く中で、ナスさんが思うこと。 [ 記事を読む ]

「水泡音」ってどんな音?

肺炎患者さんの聴診音「水泡音」を実際に聞いて確認! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1423
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1300
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1179
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
1079
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
929
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日

「私、失敗しないので」って言える得意な看護技術ある?

投票数:
722
実施期間:
2019年10月18日 2019年11月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者7593

◆高齢者の問題◆廃用症候群の予防的介入として、適切なものはどれでしょうか?

  • 1.お茶碗につがれたご飯が自力で食べにくい場合はおにぎりにするなど、患者さんに合わせた工夫をする。
  • 2.身体の安静のためにできるだけ長く尿道留置カテーテルを挿入しておく。
  • 3.患者さんから「なんとなく食欲がない」という訴えがあっても、一時的なものなので特別な対応はしない。
  • 4.患者さんから「動きたくない」と訴えがあれば、なるべくリハビリは行わないようにする。
今日のクイズに挑戦!