1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. ワンポイント生理学>
  4. 脳室と脳脊髄液|神経系の機能

2016年05月08日

脳室と脳脊髄液|神経系の機能

看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。

〈前回の内容〉

脳幹の機能

今回は、脳室と脳脊髄液について解説します。

片野由美
山形大学医学部名誉教授
内田勝雄
山形県立保健医療大学名誉教授

 

Summary

  • 脳と脊髄には腔所がある。脳の腔所(脳室)と脊髄の腔所(中心管)はつながっており、そのなかを脳脊髄液が満たしている。
  • 脳脊髄液は脈絡叢で産生される。クモ膜下腔に出た髄液は、クモ膜顆粒を通って静脈内に流れ込む。
  • 脳・脊髄は硬膜、クモ膜、軟膜の3重の髄膜によって包まれており、脳室内を満たす髄液は液体のクッションの役割を果たしている。

 

脳と脊髄は、胎生の早い時期に外胚葉から分化した神経管から発達したものである。神経管の内腔は中枢神経系が完成した後も腔所として残り、脳では脳室 ventricle、脊髄では中心管となり、その内腔を脳脊髄液 cerebrospinal fluidが満たしている。

左右の大脳半球にある腔所を側脳室 lateral ventricle、間脳にある腔所を第三脳室 third ventricle、中脳にある腔所を中脳水道 cerebral aqueduct、延髄の背面にある菱形状の腔所を第四脳室 fourth ventricle とよび、すべての部分はつながっている。

第三脳室と側脳室とは室間孔でつながり、また第四脳室は中心管につながっている(図1図2)。

図1脳および脊髄と髄液の流れ

脳および脊髄と髄液の流れ

 

図2脳室側面と脳室拡大図

脳室側面と脳室拡大図

 

脳脊髄液は、脳室内にある特殊な組織である脈絡叢(みゃくらくそう) choroid plexus で主に産生され、脳脊髄全体を満たしている。

脳脊髄液(髄液)は、第四脳室の2つの外側口から脳の外に流れ出てクモ膜下腔を満たし、また正中口から脊髄の中心管にも流れ込む。クモ膜下腔に出た髄液は、クモ膜顆粒を通って静脈内に流れ込む。

脳・脊髄は、硬膜クモ膜軟膜という3重の髄膜で包まれ、脳室内を満たす髄液は液体のクッションの役割を果たしている。

NursingEye

成人する前に脳脊髄液の流通が妨げられると、脳室内に髄液が大量にたまる。すると脳室内の圧力が高くなり、脳室腔は異常に拡大する。これを水頭症という。

 

〈次回〉

脳波

 

⇒〔ワンポイント生理学一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

新訂版 図解ワンポイント 生理学

[出典] 『新訂版 図解ワンポイント 生理学』 (著者)片野由美、内田勝雄/2015年5月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 脊髄の機能(1)|神経系の機能 [05/15up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 脳波 今回は、脊髄の機能についての解説の1回目です。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療大学名誉教... [ 記事を読む ]

  • 脳波|神経系の機能 [05/12up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 脳室と脳脊髄液 今回は、脳波について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療大学名誉教授 ... [ 記事を読む ]

  • 脳室と脳脊髄液|神経系の機能 [05/08up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 脳幹の機能 今回は、脳室と脳脊髄液について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療大学名誉...

  • 脳幹の機能|神経系の機能 [05/05up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 大脳皮質の機能 今回は、脳幹の機能について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療大学名誉... [ 記事を読む ]

  • 大脳皮質の機能|神経系の機能 [05/01up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 中枢神経系 今回は、大脳皮質の機能について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療大学名誉... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 生体検査(生理検査)とは [02/14up]

    看護師のための検査値の解説書『検査値早わかりガイド』より。 今回は、生体検査(生理検査)について解説します。   江口正信 公立福生病院部長 〈目次〉 生体検査(生理検査)とは サーモグラフィ検... [ 記事を読む ]

  • 脳の構造 [09/14up]

    『看護のための病気のなぜ?ガイドブック』より転載。 今回は「脳の構造」について解説します。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   〈目次〉 1.脳の構造 2.大脳 3.間脳 ... [ 記事を読む ]

  • GCS(グラスゴー・コーマ・スケール)|知っておきたい臨床で使う指標[2] [06/15up]

    臨床現場で使用することの多い指標は、ナースなら知っておきたい知識の一つ。毎回一つの指標を取り上げ、その指標が使われる場面や使うことで分かること、またその使い方について解説します。 根本 学 埼玉医科大学国際医療センター 救命... [ 記事を読む ]

  • 開頭術後患者の観察ポイント [01/04up]

    『オペナース』2014年創刊号<術前・術後看護の視点-フィジカルアセスメントを中心に->より抜粋。 開頭術後患者の観察ポイントについて解説します。 Point 開頭術後患者の観察のポイントは,頭蓋内の状態を身... [ 記事を読む ]

  • 細胞どうしを結ぶ神経ネットワーク|調節する(1) [08/26up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経伝達物質・ホルモンについてのお話の1回目です。 〈前回の内容〉 アシドーシスとアルカローシス|捨てる(3) 解剖生理学の面白さを知... [ 記事を読む ]

いちおし記事

モジャ先生との優しい時間|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(104)

「相談したいことがある」とモジャ先生を食事に誘ったもも子は… [ 記事を読む ]

リフィーディング現象ってなんだっけ?

場合によっては不整脈や心不全を引き起こすことも…! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

思わずほっこりした「ナースコール」はある?

投票数:
1289
実施期間:
2019年09月27日 2019年10月18日

他の病院事情、一番知りたいことは?

投票数:
1305
実施期間:
2019年10月01日 2019年10月22日

「タピオカの次に流行ってほしい」って思うもの、ある?

投票数:
1184
実施期間:
2019年10月04日 2019年10月25日

参考書や解説書で見かけるけど、実はよくわかってない用語ってある?

投票数:
1041
実施期間:
2019年10月08日 2019年10月29日

「患者さんを怒らせてしまった言葉」ってある?

投票数:
905
実施期間:
2019年10月11日 2019年11月01日

丸めたティッシュの中から意外なモノを見つけた経験ある?

投票数:
519
実施期間:
2019年10月15日 2019年11月05日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者5015

◆皮膚ケアの問題◆80歳代男性Aさん。右大腿骨頸部骨折のため入院となりました。観血的整復固定術が行われ、現在のADLは、体動はゆっくりではありますが、介助があれば車いすへの移動が可能です。ベッド上での自力での体位変換は不十分な状態です。Aさんの褥瘡予防ケアについて、適正なケアはどれでしょうか?

  • 1.手術後よりリスクアセスメント・スケールを用いて、褥瘡の評価を行った。
  • 2.現在もベッド上での自力での体位変換が不十分なため、体圧分散寝具の使用や体位変換介助を継続した。
  • 3.車いすに乗るときは、円座(ドーナッツ状クッション)を使用するよう伝えた。
  • 4.仙骨部などの骨突出部にマッサージを行った。
今日のクイズに挑戦!