1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. ワンポイント生理学>
  4. 神経情報の伝達のしくみ(2)|神経系の機能

2016年04月24日

神経情報の伝達のしくみ(2)|神経系の機能

看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。

〈前回の内容〉

神経情報の伝達のしくみ(1)|神経系の機能

今回は、神経情報の伝達のしくみについての解説の2回目です。

片野由美
山形大学医学部名誉教授
内田勝雄
山形県立保健医療大学名誉教授

 

Summary

  • 神経系の情報・指令の伝達方式は、神経線維とシナプス間で異なり、神経線維上は活動電位の伝播(電気的)により、シナプス間は化学伝達物質(化学的)を介して行われる。
  • 中枢神経系には多数の化学伝達物質が存在し(アセチルコリン、ノルアドレナリン、ドーパミン、セロトニン、GABA、グルタミン酸、NO等)、放出された伝達物質はシナプス後膜に存在するそれぞれ固有の受容体に結合する
  • 中枢の化学伝達物質には、シナプス後膜を興奮させる興奮性伝達物質と抑制させる抑制性伝達物質がある。

 

〈目次〉

 

神経線維の興奮伝導-電気的情報伝導(図1

細胞膜はリン脂質二重層でできているので、イオンは膜を通過できないことになる。ところが、細胞膜にはさまざまなイオンチャネル・タンパク質がたくさん埋め込まれており、このチャネルを介してイオンの出入りは可能となる。

静止時には細胞内はマイナスに、細胞外はプラスになっている(図1-A)。この理由は、静止時にはカリウムイオン(K)チャネルのみが開くからで、これにより、細胞内に圧倒的に多く存在するKが拡散により細胞外に出ていく。プラスイオンが出ていくので神経線維膜の内側はマイナスになるのである。

図1神経線維の興奮伝導

神経線維の興奮伝導

 

静止膜に刺激が加わるとイオン透過性は変化して、まずナトリウムイオン(Na)チャネルが開く。Naは細胞外に圧倒的に多く存在するから、細胞外から細胞内にNaが流れ込む。Naはプラスイオンなので、細胞内電位はマイナスからプラスに傾き、細胞内外の電位が逆転する(脱分極)。

やがてNaチャネルが閉じ、電位依存性Kチャネルが開く。するとKが流出して、細胞内の電位はもとの静止電位まで戻っていく。この一連の活動電位は隣接する細胞を興奮させ、次々と情報(興奮)を神経線維である軸索の終末まで伝播する(「生体機能の統御(1)」参照)。

なお、髄鞘は電気絶縁性が高いので、ここではイオンの流れを生ずることはできないが、髄鞘がとぎれているランビエの絞輪ではイオンの流れ(活動電位)が生ずる(図1-B、図2 )。したがって、興奮(活動電位)は絞輪から絞輪へと飛び越えるので、興奮の伝導が加速される。

図2ニューロンの構造

ニューロンの構造

有髄神経では、シュワン細胞の細胞膜が軸索の周囲をいく重にも取り巻いている。

(堺章:新訂目でみるからだのメカニズム.p.146、医学書院、2000より改変)

 

 

シナプス間隙の情報伝達-化学伝達物質による情報伝達方法(図1-C、図2

興奮が軸索の終末まで伝播すると、シナプス前膜を脱分極させ、終末の小胞に貯蔵されている特有の化学伝達物質の放出を引き起こす。放出された化学伝達物質はシナプス間隙を拡散し、シナプス後膜上にある化学伝達物質特有の受容体と結合することによって情報を伝える。

シナプスにおける化学伝達には、放出される伝達物質の違いにより、興奮を伝える場合(興奮性伝達)と抑制を伝える場合(抑制性伝達)がある。

神経線維上の情報伝達の方法はすべて共通(活動電位の伝播による)であるにもかかわらず、興奮したり抑制したりと異なった反応を生ずることができるのは、化学伝達物質とそれを受け取る受容体の違いによる。シナプス伝達についての詳細は「生体機能の統御-シナプス伝達(2)」で述べた。

化学伝達物質(神経伝達物質ともいう)には興奮性伝達物質と抑制性伝達物質があり、科学の進歩により化学伝達物質とそれを受け取る受容体の構造が相次いで発見されている。

代表的な化学伝達物質に、アセチルコリン、ノルアドレナリン、ドーパミン、セロトニン、グルタミン酸、ガンマアミノ酪酸(γ-アミノ酪酸;GABA)、グリシン、N-メチル-D-アスパラギン酸(NMDA)、カイニン酸、ATP、アデノシン、一酸化窒素(NO)、サブスタンP、エンケファリン、ニューロペプチドY、バソプレッシンなどがあり、その他にも多数みつかりつつある。

 

<参考>生体機能の統御

〈次回〉

中枢神経系|神経系の機能

 

⇒〔ワンポイント生理学一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『新訂版 図解ワンポイント 生理学』 (著者)片野由美、内田勝雄/2015年5月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 大脳皮質の機能|神経系の機能 [05/01up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 中枢神経系 今回は、大脳皮質の機能について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療大学名誉... [ 記事を読む ]

  • 中枢神経系|神経系の機能 [04/28up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 神経情報の伝達のしくみ(2) 今回は、中枢神経系について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保... [ 記事を読む ]

  • 神経情報の伝達のしくみ(2)|神経系の機能 [04/24up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 神経情報の伝達のしくみ(1)|神経系の機能 今回は、神経情報の伝達のしくみについての解説の2回目です。 片野由美 山形大学医学部...

  • 神経情報の伝達のしくみ(1)|神経系の機能 [04/21up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 神経のしくみと働き|神経系の機能 今回は、神経情報の伝達のしくみについての解説の1回目です。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 ... [ 記事を読む ]

  • 神経のしくみと働き|神経系の機能 [04/17up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 骨格筋のエネルギー代謝 今回は、神経のしくみと働きについて解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 医療ドラマあるある!間違い探し【2】~術後患者編~ [03/09up]

    毎クール必ず1本は放映される医療ドラマ。看護師の皆さんは「ありえない~!」とツッコミながら観るのも楽しいのではないでしょうか? そこで、医療ドラマのあるあるシーンで間違い探しを作成しました!楽しんでみてください! 【ライ... [ 記事を読む ]

  • くも膜下出血の手術 [11/17up]

    『BRAIN』2013年第1号<脳神経外科手術の合併症と術後ケア>より抜粋。 くも膜下出血の手術について解説します。 Point 術前は再出血予防,術後は脳血管攣縮対策が治療の要です。 脳血管攣縮が起きる... [ 記事を読む ]

  • 脳波って何? [11/10up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「脳波」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   脳波って何? 大脳皮質からは常に微弱な電気信号が出されており、大脳の働きや精... [ 記事を読む ]

  • 右脳と左脳はどう違うの? [11/06up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「右脳と左脳」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   右脳と左脳はどう違うの? 脳は左右対称の臓器ですが、機能的には左右でか... [ 記事を読む ]

  • 反射の診察 [04/06up]

    『BRAIN』2012年第6号<“なんとなく”はもう卒業! 今日からわかる神経所見のとり方>より抜粋。 反射の診察について解説します。 Point 反射は,簡単な道具で診察でき,①深部反射,②表在反射,③病的... [ 記事を読む ]

いちおし記事

自分が担当する新人が年上なときの処方箋

プリ必見!年上プリセプティを指導するとき、覚えておきたい3つの心得 [ 記事を読む ]

熱中症の対応、大丈夫?

暑さが本格化する前に…!ケアのポイントをおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1265
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1151
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1074
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
1031
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
907
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
675
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者886

酸素飽和度についての説明で、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.酸素飽和度とは、静脈内の赤血球中のヘモグロビンが酸素と結合している割合を示したものである。
  • 2.パルスオキシメータを用いて測定した値をSaO2、動脈血ガス分析で測定した値をSpO2という。
  • 3.SpO2が正常であれば、体内の酸素量は十分であると判断できる。
  • 4.健康な人の酸素飽和度は96~99%だが、酸素吸入時はSpO2を90%以上維持すれば通常は十分である。
今日のクイズに挑戦!