2016年01月09日

聴力検査|耳鼻咽喉科の検査

『看護に生かす検査マニュアル』より転載。
今回は、聴力検査について解説します。

〈目次〉

聴覚とは

20〜2万ヘルツ(Hz)の音振動に対する感覚を聴覚という。音波は外耳道から鼓膜へと伝えられる。その振動が耳小骨を介して内耳のリンパの振動をひき起こし、蝸牛の基底膜上にある音波の受容器であるラセン器を刺激することで、脳へと伝わる。

聴力とは、音の強さに対する聴覚の感受性をいう。聴力検査は、聴覚の状態、レベルを検査するものである。

 

聴力検査の目的

聴力障害の程度、重症度、その発症部位、性質を知り、疾患の予後判定、治療の選定、判断を行う目的がある。

 

聴力検査の実際

音叉を用いた聴力検査法

  • ベッドサイド、救急外来などのオージオメーターを使用できない場面で有効とされる。

 

1)Weber(ウェーバー)法

  • 音叉を前頭部、頭頂部、下顎先端部などに当てて、聴こえる音がどちら側に偏るかを調べる方法。
  • 片側の伝音性難聴があれば患側に偏って聴こえる。
  • 片側の感音性難聴があれば健側に偏って聴こえる。

 

2)Rinne(リンネ)法

  • 音叉を、①耳にかざし(気導)、②乳様突起に当てる(骨導)。これを交互に行い、気導・骨導のどちらが大きく、長く聴こえるかを比較する方法。
  • 正常では気導音の聴取が良いとされている。

 

純音検査法

  • 聴力検査の最も基本的な検査で、一般に聴力検査というと、純音検査を指している。

 

1)気導聴力検査

  • 気導とは、外耳道、鼓膜、耳小骨経由で音が内耳に伝えられる経路をいう。
  1. 一側耳ごとに行う。
  2. 検査周波数:125Hzから8000Hzまでの測定を行う。
  3. 1000Hzから始め、2000Hz→4000Hz→8000Hzと順次高い周波数を測定する。
  4. 再び1000Hzに戻って、再度1000Hzを測定したあと、500Hz→250Hz→125Hzの順で低い周波数を測定する。
  5. 正常者の聴力レベルは±15dBとされている。

 

2)骨導聴力検査

  • 骨導とは、頭蓋骨を通し内耳に音が伝えられる経路をいう。
  1. 手順は気導聴力検査と同様である。
  2. 検査周波数:250Hzから4000Hzまでの測定を行う。

図1骨導受話器装着図

骨導受話器装着図

 

3)オージオグラム

  • オージオメーターの結果を図にしたものをオージオグラムという。
  • 気導聴力は、右耳を○、左耳を×で記載する。
  • 骨導聴力は、右耳を右開きカッコ([)、左耳を左開きカッコ(])で記載する。
  • 図4は、右耳気導聴力は低下しているが、骨導聴力は正常に保たれており、右耳の伝音性難聴といえる。

図2気導受話器

気導受話器

 

図3骨導受話器

骨導受話器

 

図4オージオグラム

オージオグラム

 

聴性脳幹反応(ABR:auditory brainstem response)

  • 乳児や意識障害患者など、自覚的聴力検査が施行できない被検者に有効とされている検査法。
  • 他覚的検査として利用されるほかに、聴神経腫瘍の診断、後迷路性難聴の診断、脳幹障害の部位診断、脳死判定など神経学的検査に用いられる。

 

聴力検査前後の看護の手順

<オージオメーターを用いた純音検査>

 患者への説明

  1. 聴力障害を有する者、高齢者などでは理解力などを判断し、分かりやすく説明する。必要に応じて、検査前に練習を行い、正確にできることを確認する。
  2. 気導受話器を当てるときは受話器の中央が外耳道入口部に正しく当たるようにし、隙間ができないように説明する(図23)。
  3. 骨導受話器(図4)を当てるときは、耳介後ろの乳様突起の外耳道の高さに当てるようにする。またこのとき、耳介に触れたり、毛髪の上に当てたり、斜めに当てたりしないように注意する。

 

検査前の処置

  1. 外耳道の検査は、耳垢などを除去する。
  2. 少なくとも15分程度は過大な騒音は避ける。
  3. ヘッドホン装着の妨げになる眼鏡、イヤリング、補聴器などは外す。

 

 準備するもの

  1. 防音室
  2. オージオメーター(JIS規格を満たし、正しく較正されたもの)

 

聴力検査において注意すべきこと

  • オージオグラムは、検査者の熟練度によって信頼性に差が出るので、検査者の署名を入れるようにする。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 看護に生かす検査マニュアル 第2版』(編著)高木康/2016年3月刊行

新訂版 看護に生かす検査マニュアル 第2版

参考文献

著作権について

この連載

  • 嗅覚検査|耳鼻咽喉科系の検査 [01/18up]

    看護師のための検査本『看護に生かす検査マニュアル』より。 今回は、嗅覚検査について解説します。   〈目次〉 嗅覚検査とはどんな検査か 嗅覚検査の目的 嗅覚検査の実際 嗅覚検査前後の看護 嗅... [ 記事を読む ]

  • 平衡機能検査|耳鼻咽喉科の検査 [01/13up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、平衡機能検査について解説します。 〈目次〉 平衡機能検査とはどんな検査か 平衡機能検査の目的 平衡機能検査の方法 平衡機能検査前後の看護の手順 平... [ 記事を読む ]

  • 聴力検査|耳鼻咽喉科の検査 [01/09up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、聴力検査について解説します。 〈目次〉 聴覚検査とはどんな検査か 聴覚検査の目的 聴覚検査の実際 聴覚検査前後の看護の手順 聴覚検査において注意す...

  • 視力検査|眼科の検査 [01/05up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、視力検査について解説します。 〈目次〉 視力検査とはどんな検査か 視力検査の目的 視力検査の実際 視力検査において注意すべきこと 視力検査と... [ 記事を読む ]

  • 瞳孔検査|眼科の検査 [01/01up]

    『看護に生かす検査マニュアル』より転載。 今回は、瞳孔検査について解説します。 〈目次〉 瞳孔検査とはどんな検査か 瞳孔検査の目的 瞳孔検査の実際 瞳孔検査時の看護 瞳孔検査に関する患者との問答例... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

看護roo!サロンで楽しくおしゃべり♪

【謝礼5000円】他の病院のナースと話せる貴重な機会♡謝礼もゲット! [ 記事を読む ]

心電図波形の名称と成り立ち

心電図に現れる波は、心房の興奮波と心室の興奮波だけ。詳しく解説します! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

認知症患者さんの終末期医療、どう考える?

投票数:
1237
実施期間:
2019年03月05日 2019年03月26日

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1226
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1158
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
1026
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
818
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日

生理痛で困ってない?

投票数:
537
実施期間:
2019年03月21日 2019年04月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1535

独居の86歳男性患者さん。脳梗塞を発症し、現在の状態は、「障害高齢者の日常生活自立度:準寝たきりのランクA2」、「認知症高齢者の日常生活自立度:ランクⅡa」です。
一人で身の回りのことを行うことや、買い物や通院することが困難となってきていますが、本人はまだ現在の生活を続けたいと希望しています。あなたはこの患者さんが現在、通院している病院の看護師です。必要な医療・介護サービスを利用できるように患者さんにアドバイスする内容として、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.通院が困難なときは、来院時に救急車を使うように伝えた。
  • 2.近くの訪問看護師を探して、訪問看護に来てもらうように伝えた。
  • 3.本人の居住地にある地域包括支援センターに相談するよう伝えた。
  • 4.直接、市役所の健康相談窓口に行くように伝えた。
今日のクイズに挑戦!