1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 解剖生理をおもしろく学ぶ>
  4. 意思で動かすことができる骨格筋|解剖生理をおもしろく学ぶ

2015年09月17日

意思で動かすことができる骨格筋|動く(1)

解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より
今回は、骨・筋肉についてのお話の1回目です。

〈前回の内容〉

味覚と触覚のメカニズム――味蕾と皮膚|感じる・考える(5)

解剖生理学の面白さを知るため、味覚(味蕾)のメカニズムと触覚(皮膚)のメカニズムについて知りました。

今回は自分の意思で動かせる唯一の筋肉である骨格筋の世界を探検することに……。

 

増田敦子
了徳寺大学医学教育センター教授

 

動物だけがもつ「動く」という特徴

動物は、植物のように光合成によって必要な栄養素を自ら作り出すことはできません。その代わり、自ら動いてエサを確保する機能を発達させてきました。

ライオンは、エサとなる動物のにおいで、その動物が通った跡を嗅ぎつけます。相手の存在を見つけると、風下から気づかれないようにそっと近づき、至近距離まで近づくと、一気にダッシュして獲物を捕獲します。

動物はこのように、や眼といった感覚器、脳や神経、そして筋肉をフル稼働して獲物をキャッチします。人間はさらに、手にした獲物を調理することで、おいしく食べる技術も身につけました。

 

ところで、私たちが身体を使ってする運動には、眼に「見える運動」と「見えない運動」があるの、気づいてた?

見える運動と見えない運動? それって、なんのことですか?

ナスカさんなら、もうすでにわかっているはずよ

 

 

眼に「見える運動」と「見えない運動」

日常の動作やスポーツなど、私たちがふだん「運動」とよんでいるのは、骨格についている筋肉の収縮能力によるものです。しかし、運動はこのように外部から見えるところだけでなく、や腸、心臓、血管など、外からは見えない場所でも行われています。こうした「見えない」運動を可能にするのは、内臓筋の働きです。

内臓筋の役割はおもに、管(血管、消化管)の中の物質を移動させることです。それは、手で触れたり、眼で確かめたりすることはできません。しかし、脈拍血圧を測定したり、腸の蠕動(ぜんどう)運動を聴取したりすることで、間接的にその働きが正常であるかどうかを確かめることはできます。

看護師が日常業務のなかで、患者さんのバイタルサインを測ったり、お腹の音を聴き取ったりする意味も、まさにそこにあります。

 

そうか、私たちはもう、見えない運動については十分勉強してきたわけですね

そうなの。だから、ここではおもに、見える運動を中心に勉強していきましょう。その前に、内臓筋を含む筋肉の種類について、ちょっと整理しておくわね

 

意思で動くのは、骨格筋だけ

身体を構成する筋肉を、解剖学では3種類に分類しています。内臓筋(内臓を動かす筋肉)と骨格筋(手足などを動かす筋肉)、そして心臓を動かす心筋です(図1)。

 

図1筋肉の種類

筋肉の種類

 

骨格筋の細胞はアクチンフィラメントという細い筋原線維とミオシンフィラメントという太い筋原線維が規則正しく並んでいます。横に縞模様があるように見えるため、横紋筋ともよばれます。これに対し、内臓筋は2つの筋原線維の並び方が不規則です。表面的にはつるんとして見えるので、平滑筋とよばれています。

同じ内臓を動かす筋肉でも、心筋はやや特殊で、すばやい動きも担当するため、骨格筋のような縞模様がある横紋筋でできています。

これら3つの筋肉のうち、私たちが自由にコントロールできるのは骨格筋だけです。骨格筋のように、「意思で動かすことのできる筋肉」を随意筋とよんでいます。反対に、意思で動かすことのできない筋肉は、不随意筋とよびます。

 

骨格筋が可能にするさまざまな動き

骨格筋は全身に大小400種類以上あり、筋肉全体の40~50%を占めています。「歩く」「泳ぐ」「走る」「滑る」など、日常のあらゆる運動にかかわっています(図2)。飛んでくるボールを追いかけキャッチするのも、顔面の筋肉の動きで喜怒哀楽の情を表現するのも、骨格筋の働きです。

また、通常は意識されることがない動き、たとえば、体重の負荷に対抗して「立つ」「座る」といった動作や姿勢の維持にも、絶えず骨格筋が働いています。

 

図2身体のおもな動作

身体のおもな動作

 

身体を動かすには、骨も動かさないといけないわけですよね?

もちろんよ。動くためには関節を曲げたり伸ばしたり、という運動も必要です。ただし、骨格は筋肉と違って、脳や神経が直接支配しているわけではありません

えっ、じゃあ、どうやって動かすんですか?

骨は、筋肉の動きにつられて動くだけ。つまり、筋肉が骨を動かしているの

そうだったんだ

 

〈次回〉

骨の機能|動く(2)

[関連記事]


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『解剖生理をおもしろく学ぶ 』 (編著)増田敦子/2015年1月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 骨格筋の構造|動く(3) [09/22up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、骨・筋肉についてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 骨の機能|動く(2) 解剖生理学の面白さを知るため、骨の機能について知りました。... [ 記事を読む ]

  • 骨の機能|動く(2) [09/19up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、骨・筋肉についてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 意思で動かせられる骨格筋|動く(1) 解剖生理学の面白さを知るため、自分の意思で... [ 記事を読む ]

  • 意思で動かすことができる骨格筋|動く(1) [09/17up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、骨・筋肉についてのお話の1回目です。 〈前回の内容〉 味覚と触覚のメカニズム――味蕾と皮膚|感じる・考える(5) 解剖生理学の面白さを...

  • 味覚と触覚のメカニズム――味蕾と皮膚|感じる・考える(5) [09/15up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経系についてのお話の5回目です。 〈前回の内容〉 聴覚と嗅覚のメカニズム――耳と鼻|感じる・考える(4) 解剖生理学の面白さを知るた... [ 記事を読む ]

  • 聴覚と嗅覚のメカニズム――耳と鼻|感じる・考える(4) [09/12up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、神経系についてのお話の4回目です。 〈前回の内容〉 視覚のメカニズム――眼|感じる・考える(3) 解剖生理学の面白さを知るため、視覚(... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 体温の調節|生体を維持する恒常性のはたらき(3) [12/19up]

    ナースのための解剖生理の解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、生体を維持する恒常性のはたらきから解剖生理を理解するお話の3回目です。 〈前回の内容〉 血圧・血糖値・pHの調節|生体を維持する... [ 記事を読む ]

  • 大脳半球って何? [10/27up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「大脳半球」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   大脳半球って何? 脳のなかで最も大きなスペースを占めるのが大脳半球です。... [ 記事を読む ]

  • コレステロールはなぜ必要なの? [03/23up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「コレステロールの必要性」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   コレステロールはなぜ必要なの? コレステロールが多いと動脈... [ 記事を読む ]

  • 自律神経とホルモンはどのように連動しているの? [01/18up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「自律神経とホルモン」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   自律神経とホルモンはどのように連動しているの? 私たちの体のな... [ 記事を読む ]

  • 運動神経はどこを通っているの? [04/02up]

    『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 今回は「錐体路と錐体外路」に関するQ&Aです。 山田幸宏 昭和伊南総合病院健診センター長   運動神経はどこを通っているの? 中枢神経からの指令を骨格筋に伝え... [ 記事を読む ]

いちおし記事

自分が担当する新人が年上なときの処方箋

プリ必見!年上プリセプティを指導するとき、覚えておきたい3つの心得 [ 記事を読む ]

新人ナース必見!輸液の基礎知識

「腎機能不明時や緊急時に使われるのは●号液」●に入る数字、わかる? [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1321
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1198
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1119
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
1090
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
994
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
852
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日

[日勤中]たくさん歩いて頑張った大賞!

投票数:
133
実施期間:
2019年07月23日 2019年08月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者795

急性心筋梗塞でこれからカテーテル治療を行う患者さん。救急外来受診時、12誘導心電図では右側胸部誘導でV4RのST上昇がありました。血圧は80/48mmHgです。以下のうち、看護師のあなたがカテーテル室で最も先に準備しておくべき薬剤はどれでしょうか?

  • 1.塩酸モルヒネ
  • 2.細胞外液
  • 3.ニトログリセリン
  • 4.フロセミド
今日のクイズに挑戦!