1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 解剖生理をおもしろく学ぶ>
  4. 心臓の働き|解剖生理をおもしろく学ぶ

2015年07月17日

心臓は働きもの|流れる・運ぶ(2)

解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より
今回は、循環器系についてのお話の2回目です。

〈前回の内容〉

多細胞生物が備えた物流システム|流れる・運ぶ(1)

解剖生理を学ぶため、体内を冒険中のナスカ。血管の世界へと入り、心臓の構造をじっくり見学しました。
今回は、心臓の働きについて学びます。

 

心臓は働きもの

大きさにすると「握りこぶし」ほどしかない心臓ですが、その仕事量は相当なものです。
成人男性(体重60kg)の場合、全身に流れる血液の量はおよそ5L。この血液が流れる血管の長さは、10万kmにも及ぶといわれています。10万kmといえば、地球を2周半もする長さです。そんな気が遠くなるような長さの管に、毎日大量の血液を送り、循環させているのですから、心臓のポンプ作用がいかに強いかがわかるでしょう。
安静時に心拍数を測定すると、1分間におよそ60~80回くらいになります。これが1日続くと、合計で9~12万回。80年間生きたとすると、25~35億回も収縮を繰り返す計算です。
1回の収縮あたり送り出す血液の量は70~100mLですから、1日あたりではなんと、6~10t(トン)という量。たまには、「ごくろうさま」とねぎらいたいですね。

動物学者の本川達夫さんが書かれた『ゾウの時間ネズミの時間』(中公新書)によれば、寿命を心臓の鼓動時間で割ると、哺乳類はみんな20億回くらいになるんですって

寿命はそれぞれ違うのに、心臓を打つ回数は同じって、どういうことなんだろう?

要するに、心臓が拍動するスピードが、生物の生きるスピードになっているってことじゃないかしら

じゃあ、長生きしたければ、ゆっくり心臓を動かせばいいってことですか

いえいえ。残念ながら、心臓の筋肉は自分の意思では動かせません

なんだー、そうなのか

 

 

心臓はどうやって自分を養う?

1日あたり約10万回も収縮を繰り返している心臓は、それだけたくさんの酸素と栄養素を必要としています。それを供給するのは、大動脈から最初に分岐する冠状動脈(冠動脈ともいいます)です。
右冠状動脈と左冠状動脈は大動脈の付け根のところから、左右向かい合わせで起こり、心臓全体を囲むようにして分布しています(図1)。

図1冠状動脈

冠状動脈

右冠状動脈
枝:後室間枝(左心室、右心室に枝を与えながら心尖部に至る)
左冠状動脈
前枝:前室間枝(左心室、右心室および心室中隔に分布)
後枝:回旋枝(左心房、左心室後部に分布)

 

冠状動脈が閉塞すると、そこから先の末梢部分の心筋に血液が流れなくなり、その部分の細胞は壊死(えし)してしまいます。これがいわゆる心筋梗塞です。

 

心臓を出た血液は、どこへ向かうんでしたっけ?

それは、心臓の右側から出るのか、左側から出るのかで変わってくるわね

えーとたしか、左心室から出るのが全身へ向かって、右心室から出るのが肺へと向かう

そう。ちなみに、左心室から全身に向かって右心房へ戻るルート体循環、右心室から肺を経て左心房へと戻ってくるルートを肺循環とよんでいます(図2

 

図2全身の血液循環

全身の血液循環

 

〈次回〉

動脈と静脈|流れる・運ぶ(3)


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『解剖生理をおもしろく学ぶ』(編著)増田敦子/2015年1月刊行

解剖生理をおもしろく学ぶ

引用・参考文献 

著作権について

この連載

  • 血液は何でできている?|流れる・運ぶ(4) [07/24up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、循環器系についてのお話の4回目です。 〈前回の内容〉 動脈と静脈|流れる・運ぶ(3) 血管の世界を探索中のナスカ。動脈と静脈、それぞれ... [ 記事を読む ]

  • 動脈と静脈|流れる・運ぶ(3) [07/22up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、循環器についてのお話の3回目です。 〈前回の内容〉 心臓は働きもの|流れる・運ぶ(2) 血管の中を冒険中のナスカ。心臓が1日10万回も... [ 記事を読む ]

  • 心臓は働きもの|流れる・運ぶ(2) [07/17up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、循環器系についてのお話の2回目です。 〈前回の内容〉 多細胞生物が備えた物流システム|流れる・運ぶ(1) 解剖生理を学ぶため、体内を冒...

  • 多細胞生物が備えた物流システム|流れる・運ぶ(1) [07/15up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、循環器系についてのお話の1回目です。 〈前回の内容〉 細胞には発電所とゴミ処分場まである?|細胞ってなんだ(4) 細胞の世界を冒険する... [ 記事を読む ]

  • 細胞には発電所とゴミ処分場まである?|細胞ってなんだ(4) [07/13up]

    解剖生理が苦手なナースのための解説書『解剖生理をおもしろく学ぶ』より 今回は、細胞についてのお話の4回目です。 〈前回の内容〉 細胞はタンパク質の工場|細胞ってなんだ(3) 細胞の世界を探検中のナスカ。前回はたんぱく... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 心機能が低下するとどうなるの? [06/10up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 心電図の波形から何が分かるの? 今回は「心機能の低下」に関するQ&Aです。   心機能が低下するとどうなるの? ... [ 記事を読む ]

  • 心電図の波形から何が分かるの? [06/06up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 心音はどのように聴こえる? 今回は「心電図波形」に関するQ&Aです。   心電図の波形から何が分かるの? 心電... [ 記事を読む ]

  • リンパ管の構造と機能|血液の流れから理解する(4) [10/24up]

    ナースのための楽しく解剖生理を学べる解説書『身体のしくみとはたらき―楽しく学ぶ解剖生理』より 今回は、血液の流れから解剖生理を理解するお話の4回目です。 〈前回の内容〉 心臓のポンプ機能と毛細血管|血液の流れから理解す... [ 記事を読む ]

  • 血球の産生(造血)|血液と生体防御 [06/09up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 血液の成分と働き 今回は、血球の産生(造血)について解説します。   Summary 血球は、骨髄中にある未... [ 記事を読む ]

  • 心音はどのように聴こえる? [06/03up]

    看護師のための解剖生理の解説書『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 〈前回〉 心臓はどこから酸素や栄養を得ているの? 今回は「心音」に関するQ&Aです。   心音はどのように聴こえる? 心... [ 記事を読む ]

いちおし記事

第108回 国試どうだった?

今年は難しかった?簡単だった?試験を終えた会場から速報レポートです! [ 記事を読む ]

採血の手順と注意点

血管が細い場合、どうする? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

医師に言われてイラっとした言葉、ある?

投票数:
1364
実施期間:
2019年01月29日 2019年02月19日

バレンタインのチョコ、今まであげたチョコで一番高いのはいくらのチョコ?

投票数:
1330
実施期間:
2019年02月01日 2019年02月23日

心電図、得意?苦手?

投票数:
1318
実施期間:
2019年02月05日 2019年02月26日

あなたを救ったこの1曲

投票数:
1172
実施期間:
2019年02月08日 2019年03月01日

今だから言える!国試の「失敗」教えてください

投票数:
983
実施期間:
2019年02月12日 2019年03月05日

国試合格のためにやった験担ぎは?

投票数:
832
実施期間:
2019年02月15日 2019年03月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2362

以下の褥瘡に用いられる薬剤のうち、滲出液の量が多い創に使用するものはどれでしょうか?

  • 1.ポピヨン・ヨードシュガー
  • 2.スルファジアン銀
  • 3.トレチノイントコフェリル
  • 4.幼牛血液抽出物
今日のクイズに挑戦!