1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. ホスピスで働く音楽療法士・佐藤由美子>
  4. ホスピスと緩和ケアの違いと共通点―アメリカと日本での経験から

2016年04月27日

ホスピスと緩和ケアの違いと共通点―アメリカと日本での経験から

音楽のあるホスピスから

Vol.4 「ケア」の意味を考える

私は2002年からアメリカのホスピスで音楽療法士として活動し、2013年に帰国して以来、国内の緩和ケア病棟や在宅で患者さんを看ています。

 

講演などを通じて出会った多くの方々から、これまでにさまざまなご質問をいただきました。

 

「日本とアメリカでは、ホスピスや緩和ケアがどのように違うの?」

「日本人の患者さんの音楽療法に対する反応は?」

 

今回は、皆さんからよく受ける質問をご紹介しつつ、「ケア」の意味を考えていきたいと思います。

 

 

 

Q.「ホスピス」と「緩和ケア」の違いは何ですか?

ホスピスと緩和ケアは、どちらも「患者さんに苦痛がないよう、医療だけでなく心のケアを提供すること」を目的としていますが、両者は異なるものです。

 

ホスピスケアは「余命の短い患者さん」に提供されるもので、緩和ケアは「早期のがん患者さん」にも提供されるもの。それがホスピスと緩和ケアの最も大きな違いです。

 

 

Q.「ホスピス」と「緩和ケア」を混同している人が多いのはなぜですか?

緩和ケアは「苦しみを和らげる」という意味なので、実際はホスピスでも「緩和ケア」が行われます。そこが混乱しやすい点です。

 

日本ではさまざまな形で緩和ケアが行われていますが、これも両者の区別を曖昧にしている原因といえます。

 

がんの治療を受けている病院や自宅で緩和ケアを行うケースもあれば、「緩和ケア病棟」で行うこともあるのです。

 

ただ、実際に緩和ケア病棟に入院しているのは、余命の短い患者さんです。

 

つまり、緩和ケアそのものは「余命に関係なく提供されるもの」なのに、緩和ケア病棟には「もう治らない末期の患者さん」が入院しているということです。

 

なので、いくら「緩和ケアは余命の短い人のためのものではない」と言っても誤解が生じるのだと思います。

 

日本の緩和ケア病棟は、アメリカで言う「ホスピス病棟」なのです。混乱を招かないためにも、日本では緩和ケア病棟をホスピス病棟と呼んだほうがいいのでは、と思っています。

 

 

Q.アメリカでは「ホスピス」や「緩和ケア」はどのように行われていますか?

アメリカの場合、ホスピスケアは「6カ月以内の余命宣告を受けた人」であれば、どんな病気の人でも受けられます。

 

中には余命よりも長く生きる患者さんもいますので、実際には6カ月以上ホスピスケアを受けている人もたくさんいます。

 

一方、緩和ケアは余命に関係なく受けることができ、こちらも病名を問いません(日本ではホスピスケアも緩和ケアもがん患者とエイズ患者が中心です)。緩和ケアチームが病院や老人ホームなどの施設でケアを提供します。

 

アメリカでは緩和ケアよりもホスピスケアのほうが普及しています。これは、65歳以上であれば政府が提供するメディケアからホスピスケアの費用が支払われるため(個人負担がないため)です。

 

また、ホスピスケアは病棟、自宅、老人ホームなど、さまざまな場所で提供されるので、患者さんやご家族のニーズに対応しやすいというメリットもあります。

 

 

Q.アメリカは医療保険などのシステムが整っていない印象ですが、実際はどうですか?

保険システムが整っていないのは事実です。「貧しい人が医療にアクセスできない」という大きな問題を抱えています。

 

それを正すためにオバマケアが導入されましたが、貧しい人たちにとっての優しい医療システムとなるまでには、時間がかかるでしょう。

 

ただ、ホスピスケアに関してはシステムが整備されていて、多くの人に利用されています。実際、亡くなられる約45%の人がホスピスを受けています。

 

これは病死以外の人も含めて考える割合なので、かなり多くの人がホスピスを利用していることになります。

 

 

 

Q.ホスピスには「キリスト教」のイメージがありますが、実際はどうですか?

イギリスや日本ではキリスト教に関連したホスピスが多いようです。それに対してアメリカでは、宗教を表に出すホスピスが少ないです。

 

なぜかというと、アメリカのホスピスの方針はあくまでも「患者さんの信仰を支えること」にあるからです。

 

その人のビリーフ(信じ方)が何であれ、それを尊重することが大切なので、ホスピス側としては宗教に関して中立的な立場をとります。

 

 

Q.日本とアメリカでは、患者さんの反応は違いますか?

セッションをする上で、患者さんやご家族の人種・宗教・地域性・年齢など、さまざまな要素を考慮しなければいけません。

 

それによって、死との向き合い方や音楽との関係が異なってくるからです。これはどの国の活動についても同じことがいえます。

 

死生観や音楽との関わりは、国の差より個人差のほうがはるかに大きいです。日本での活動では、医療における患者さんやご家族へのアプローチの違いを感じます。

 

 

Q.例えば、どんな違いがありますか?

日本では、医療者と患者さんやご家族がオープンに話し合うことがまだまだ難しいと感じます。

 

病名告知さえしていなかった時代もそんなに昔ではありませんから、正直な会話ができるようになるまで時間がかかるのかもしれません。

 

対照的に、アメリカでは患者さんやご家族に必要な情報や知識を与えることによって、本人が主体的に病気や治療と向き合うことを大切にします。

 

そうすることで、患者自身がエンパワーメント(empowerment)する(人が本来持っている力を引き出す)と考えるのです。

 

 

Q.近年、「エンド・オブ・ライフ・ケア」という言葉を聞きますが、どういう意味ですか?

エンド・オブ・ライフ・ケア(End-of-Life Care)とは、「人生の最期に提供されるケア」のことです。アメリカではホスピスケアと同じような意味で使われています。

 

日本ではホスピスケアの対象はがん患者が中心なので、すべての病気の患者を含むエンド・オブ・ライフ・ケアとは大きく違います。

 

それぞれの言葉の意味を考える上で重要なのは、ケアを「医療」と訳さないことだと思います。ケア(Care)は「思いやる」という意味で、「治す」ことを意味するキュア(Cure)とは異なります。

 

ホスピスケア、緩和ケア、エンド・オブ・ライフ・ケアは、いずれもホリスティック(全人的)なケアの提供が目的。

 

患者さんを1人の人間として捉え、体だけでなく心のケアやスピリチュアルケアを行うことを重視します。

 

つまり、治すことではなく、思いやることが目的なのです。

 

これを実践するには、医師や看護師だけではなく、その他さまざまな職種がチームとして患者さんやご家族に関わる必要があります。

 

 

 

Q.ホスピスや緩和ケアでの音楽療法の役割とは何ですか?

今「心のケア」のお話をしましたが、体の痛みは薬で解消できても、心の痛みやスピリチュアルペインは薬では対応できません。そういった痛みのほうが、実は治療が難しいのです。

 

スピリチュアルペインを説明すると長くなりますが、簡単に言えば、自分らしく生きられなくなった悲しみや、人生を振り返ってやり残したことへの後悔、大切な人との関係を修復できない苦しみなどです。

 

そうした気持ちを乗り越えたり、問題を解決したりするためには、患者さん自身が取り組まないといけません。

 

それができる環境を提供するのが、音楽療法士の役割です。

 

患者さん自身で回復・成長するために、音楽を使ったリラクセーションや回想、カウンセリングなど、さまざまな介入を行います。

 

 

大切なのは「死を知らない」という謙虚さ

最後に、皆さんから最もよく尋ねられる質問をご紹介します。

 

「ホスピスや緩和ケアの仕事で気をつけていることは何ですか?」

 

患者さんから学ぶ姿勢を忘れないことです。この仕事を始めて14年になりますが、今でも分からないことがたくさんあります。

 

自分は死を経験したことがないので、患者さんの気持ちを根本的に理解することはできません。

 

それを隠さず、謙虚な気持ちで接することが大事だと思っています。そうすると彼らは心を開いてくれますし、たくさんのことを教えてくれます。

 

 

【佐藤由美子】

ホスピス緩和ケアを専門とする米国認定音楽療法士。バージニア州立ラッドフォード大学大学院音楽科を卒業後、オハイオ州シンシナティのホスピスで10年間音楽療法を実践。2013年に帰国。帰国後は青森県在住。15年からは青森慈恵会病院の緩和ケア病棟で音楽療法士として働いている。著書に『ラスト・ソング』(ポプラ社)がある。ハフィントンポスト(日本版)でBlog「佐藤由美子の音楽療法日記」を掲載中。

 

この連載

  • Vol.6 医療スタッフにも音楽療法を―良いケアを実践するためのセルフケア [10/07up]

    音楽のあるホスピスから Vol.6 働く側をケアすることの大切さ 【佐藤由美子】 ホスピス緩和ケアを専門とする米国認定音楽療法士。15年からは青森慈恵会病院の緩和ケア病棟で音楽療法士として働いている。 ... [ 記事を読む ]

  • Vol.5 音楽療法は誰をサポートするものなのか [06/03up]

    音楽のあるホスピスから Vol.5 音楽療法の対象となるのは誰? 音楽療法というと、老人ホームやデイサービスで、高齢者を対象にしたものを思い浮かべる人が多いと思います。   しかし実際には、音楽療法はあらゆる... [ 記事を読む ]

  • Vol.4 ホスピスと緩和ケアの違いと共通点 [04/27up]

    音楽のあるホスピスから Vol.4 「ケア」の意味を考える 私は2002年からアメリカのホスピスで音楽療法士として活動し、2013年に帰国して以来、国内の緩和ケア病棟や在宅で患者さんを看ています。   講演な...

  • Vol.3 認知症の脳でも音楽は認識できる [02/16up]

    音楽のあるホスピスから Vol.3 音楽療法は記憶の扉を開けるカギ 有名な神経学者、オリバーサックス博士は認知症と音楽の関係についてこう語っています。 「彼らにとって音楽は贅沢ではなく、必要不可欠なものだ。音楽は他... [ 記事を読む ]

  • Vol.2 アンパンマンの歌がつらかった理由 [12/09up]

    音楽のあるホスピスから Vol.2 音楽療法が「心を癒やす」ほんとうの意味 音楽療法というと、音楽で患者さんを元気づけるとか、一緒に歌って楽しむというイメージがあるかもしれません。 確かに音楽には人々に喜びを与え、... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

関連記事

いちおし記事

「ぼくねぇ、もうすぐ死ぬんだ…」にどう答える?

マンガ『おうちで死にたい~訪問看護の現場から~』の続編です。 [ 記事を読む ]

褥瘡の悪化を防ぐのに最適なポジショニングは?

褥瘡発生原因のアセスメントから「動きの過程」と「座位の保持」を評価した上でどのようなポジショニングがベストかを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

上司に怒りを感じるのはどんなとき?

投票数:
1484
実施期間:
2017年10月31日 2017年11月21日

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
603
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
765
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
525
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
387
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
195
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者278

78歳女性、持続する発熱と下腹部から臀部回りの痛みを訴え、老健施設より救急搬送にて来院しました。肋骨脊柱角叩打痛もあり、尿路感染症の診断で入院となりました。尿の培養は104CFU/mLであり、検鏡にてブドウ球菌様のGPCが認められ、3日後にブドウ球菌と確定しました。当初から抗菌薬としてVCMが開始とされていました。1週間以上抗菌薬を投与してもなかなか発熱も痛みも治まらず、腹部CTを撮影したところ、腸腰筋膿瘍であることが判明し、血液培養からはMRSAが検出され、臓器移行性も考えて抗菌薬をLZDに変更されました。解熱と炎症所見の改善がありましたが、投与2週間目に白血球と血小板が減少、また貧血傾向になりました。次のうち最も考えられることと行うべきことはどれでしょうか?

  • 1.白血球や血小板減少は、抗菌薬による骨髄抑制が原因と考えられるため、再度、VCMに変更するなど、他剤へ変更することを検討する。
  • 2.貧血傾向は、抗菌薬投与による腎機能障害から来る、腎性貧血であるため、医師と相談し、腎性貧血の治療を実施してもらう。
  • 3.LZDは臓器移行性が最も良いため、白血球減少や血小板減少、貧血に対し治療を行いながら使い続ける。
  • 4.解熱と炎症所見も改善していることから、抗菌薬を中止とし経過を見る。
今日のクイズに挑戦!