1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 医師から看護師へ伝えたいこと>
  4. 指示受け・チーム連携が格段にスムーズになる!「報告」「連絡」「相談」の極意

2015年02月03日

指示受け・チーム連携が格段にスムーズになる!「報告」「連絡」「相談」の極意

医師のホンネは聞きにくい。

看護師にどんなことを思ってる?もっといい仕事の仕方はある?どうしたら職場がうまくいく?

一緒に働くドクターだからこそ言えることを、ホンネで聞いてきました。

 

医師から看護師へ伝えたいこと【4】

コミュニケーションが激変する「報連相」の極意

 

仕事を円滑にする“ホウレンソウ”

「ホウレンソウ」は医療の現場だけではなく、より良い仕事をするための社会人としての基本です。ここでは、医療現場においてどのような「ホウレンソウ」が双方の円滑なコミュニケーションの場を作ることが出来るのか、考えてみたいと思います。

 

指示受け・チーム連携が格段にスムーズになる!「報告」「連絡」「相談」の 極意|看護師専用Webマガジン【ステキナース研究所】

 

報告は正確に、そして具体的に伝えるのがベスト!

まず「ホウ(報告)」ですが、これは指示を受けたことについて、その経過や結果について報告することです。

 

病院内では医師から多くの指示を受け取ることがありますね。その際に大切なことは、指示の内容を良く確認すること、そして報告の期限がいつかを確認することです。

慣れない部署に配属された当初は指示の意味が曖昧なこともあるかもしれませんが、指示の内容がはっきりと理解できるまで、解らないところは必ず確認するようにしましょう。

 

医師と連携してルールを設けて連絡

次に「レン(連絡)」は、関係する情報(事実)を皆に知らせて共有することです。

 

例えば、患者さんの検査日時や入退院日時、病院で使える薬の変更などなど日々かなりの連絡事項があります。医師も看護師もお互い忙しいので、何かルールを決めておくと良いでしょう。

 

私が勤めている病院では毎朝、医師と看護師で入院している病棟の患者さん全員についてどのような連絡事項があるか確認する時間を設けていました。また最近では患者さんの誤認予防のために口頭連絡を禁止にして全てメモにするという対応をしている病院もあります。

 

ささいな変化も見逃さず相談する

最後に「ソウ(相談)」ですが、これは判断に迷うときなどに、参考意見を聞きその後の対応についてアドバイスをもらったり、(相談した相手と)一緒に対応を考えることです。

 

医療の現場ではこの「ソウ」がとても大切! 誰よりも患者さんの身近にいる看護師が、患者さんの異変に気がつく事が一番多いのです。

 

例えば、入院している患者さんの食事の量が最近減っている、元気が無い気がする、といったささいな変化でも実はその裏に大きな体調の変化が隠れていることもあります。

一度、「普段便秘がちな患者さんが下痢をしているのでおかしいと思う」という相談を受けた事がありますが、診察してみると消化管出血を起こしていました(消化管出血によって患者さんが下痢をしていたのです)。

 

まとめ

いつも忙しそうにしている医師に相談を持ちかけるのは少し勇気がいるかもしれませんが、じつは看護師の方の気づきの裏に大きな病気が潜んでいることもあります。是非、気になることがあれば医師に積極的に相談するようにしてみてください。医師は看護師からのご相談は常に歓迎です。

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(27)

27かぼす2015年03月12日 00時13分

勉強になります

26とくめ2015年02月16日 23時09分

ほぉ。

25匿名2015年02月15日 02時22分

ふむふむ

24匿名2015年02月08日 22時50分

なるほど

23匿名2015年02月08日 06時27分

なるほど

22匿名2015年02月07日 21時13分

大事ですね

212015年02月05日 01時46分

やらねば!

20匿名2015年02月05日 00時42分

わかっているけど難しい

19匿名2015年02月04日 20時16分

必要不可欠ですよね。

18そら2015年02月04日 11時12分

モゴモゴしちゃう。

17匿名2015年02月04日 08時18分

大事。

16匿名2015年02月04日 05時43分

なるほど

15匿名2015年02月04日 00時10分

やれてない自分に反省

14匿名2015年02月03日 23時54分

大事です

13匿名2015年02月03日 22時50分

言ってることはわかるんですけどね

12匿名2015年02月03日 22時08分

スマートに言えるようになりたい

11匿名2015年02月03日 21時29分

うまくなりたい

10匿名2015年02月03日 19時06分

タイミングもある。

9匿名2015年02月03日 19時03分

報連相必要

8匿名2015年02月03日 17時27分

こんな優しい先生いないよ。

関連記事

いちおし記事

産婦人科(産科・婦人科)看護師のお仕事とは?

産科にも看護師ならではのやりがいがたくさん!現場のリアルな声をご紹介します。 [ 記事を読む ]

閉鎖式気管吸引と開放式気管吸引、違いは何?

ポイントは、「吸引時に待機に開放するかどうか」です。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

人生の最期に食べたいものは?

投票数:
803
実施期間:
2018年01月02日 2018年01月23日

これは面白いと思う、医療がテーマの小説は?

投票数:
887
実施期間:
2018年01月05日 2018年01月26日

経口で摂取する栄養剤、食べた(or飲んだ)ことある?

投票数:
692
実施期間:
2018年01月09日 2018年01月30日

鎮痛薬・胃腸薬、常備してる?

投票数:
660
実施期間:
2018年01月12日 2018年02月02日

後輩にオススメしたい看護がテーマの書籍は?

投票数:
459
実施期間:
2018年01月16日 2018年02月06日

カーディガンの色、どれが好き?

投票数:
255
実施期間:
2018年01月19日 2018年02月09日

看護師へのタスク・シフティング、「もうやってるよ!」な業務は?

投票数:
239
実施期間:
2018年01月19日 2018年02月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者78

92歳の男性患者Aさんは誤嚥性肺炎で入院中です。全身の掻痒感が強く、ステロイド入り軟膏が処方されました。その後、Aさんの手掌は肥厚し、白く乾燥が強くなったため、疥癬を疑い、皮膚の顕微鏡検査にて角化型疥癬と診断されました。胸部には、掻痒感が強かったことによる掻き傷が数カ所に見受けられ、疥癬トンネルも確認されました。この後看護師が行う対応で、最も適切なものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.同室患者さんの皮膚状態を観察し、同室者全員への疥癬治療を検討する。
  • 2.Aさんの隔離は、皮膚症状が改善した時点で解除する。
  • 3.病室の清掃は落屑が飛び散らないよう、掃除機のみで行う。
  • 4. Aさんを隔離する場合、隔離後の寝具交換は、隔離前と同じタイミングで良い。
今日のクイズに挑戦!