カフ圧の管理 | 気管挿管の介助【3】

【監修】

東京労災病院 看護部

 

「気管挿管」におけるカフ圧管理

(1)カフ圧計を気管チューブのパイロットカフにつなげ、適正な圧に設定、維持する

■ポイント■

カフ圧の基準は、15~22mmHg

※かならず患者さんの容態に合わせて設定する

■ポイント■

カフ圧が高すぎると、気管を痛め、壊死の原因となるので注意する

 

■カフ圧確認のタイミング■

  • 各勤務帯最低1回は必ず確認する
  • 患者の努力呼吸がみられた場合
  • 一回換気量の低下がみられた場合
  • SpO2の低下がみられた場合
  • 気道内圧の低下がみられた場合
  • いびきの様な音が聞こえた場合

SNSシェア

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ