持続的導尿|カテーテルの抜去

【監修】

日本医療大学保健医療学部看護学科

准教授 小島 悦子

 

膀胱留置カテーテルの抜去

(1)処置用シーツ
(2)手袋
(3)シリンジ
(4)ペーパー
(5)清浄綿
(6)廃棄物入れ

 

【持続的導尿】膀胱留置カテーテル抜去:実施手順

(1)患者さんに、カテーテルを抜去することを説明し、同意を得る

(2)手指消毒をし、個人防護具を装着する

(3)掛物をかけた状態で処置用シーツを敷き、ズボンと下着を脱いでもらう


 

(4)抜いたカテーテルを廃棄するためのビニール袋を準備する

 

(5)カテーテルを抜去する前に、カテーテル内の尿を蓄尿バッグ内に流しておく

 

(6)カテーテルをひっぱらないように注意しながら、カテーテルを固定しているテープを丁寧にはがす


(7)滅菌水の注入口にシリンジをやさしく差し込み、滅菌水が自然に抜けるのを待つ


(8)シリンジが止まったら、軽く陰圧をかけ、注入口に記載されているバルーンの容量の滅菌水を全て抜く

■根拠:シリンジを強く引かない理由■
陰圧をかけすぎると、ルートがつぶれてしまい、滅菌水が抜けなくなってしまうため

 

(9)陰部をペーパー等で押さえ、カテーテル内の尿が逆流しないようにカテーテルを強く圧迫しながら、カテーテルをゆっくり抜去し、ビニール袋に入れる

(10)陰部の汚れを拭き取り、後片付けをする

■ポイント■
患者さんの羞恥心に配慮し、自分でできる場合は、患者さん本人に行ってもらう


(11)患者さんの寝衣・寝具を整える

 

SNSシェア

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ