持続的導尿|カテーテルの挿入(女性)

【監修】

日本医療大学保健医療学部看護学科

准教授 小島 悦子

 

女性への膀胱留置カテーテルの挿入

(1)陰唇を開き、外尿道口の左・右、最後に中央になるように、外尿道口から肛門側に向かって消毒する。陰唇を開いたまま、1回ごとに消毒綿球を交換して消毒する

 


 


(2)陰唇を開いている手は離さずに、カテーテルに潤滑剤を塗布し、口でゆっくり呼吸するように促しながらカテーテルを4~5cm挿入する

 

 

■ポイント■
カテーテル挿入時に、患者さんが異常な疼痛を訴えたり、出血が見られた場合は、直ちに挿入を中止し、医師に報告する

 

(3)尿が流出してきたら、さらに2cm程度奥へ挿入する

(4)陰唇を開いていた手でカテーテルが抜けないように押さえながら、滅菌水を必要量ゆっくり注入し、バルーンをふくらませる

 


(5)カテーテルを軽く引き、抜けないことを確認したら、バルーンが膀胱を圧迫しないように再びカテーテルを1~2cm挿入する

(6)適宜、清浄綿などで陰部を清拭する

 

 


(7)カテーテルに若干の余裕をもたせ、大腿部内側か下腹部にテープで固定する

■ポイント■
固定するときは、まず、土台用のテープを貼り、次にカテーテルを包むように2枚目のテープを貼る


(8)尿が逆流しないように、畜尿バッグは膀胱より低い位置で、かつ床につかないように取り付ける

(9)使用した物品を片付け、患者さんの寝衣・寝具を整える

SNSシェア

関連動画

カテゴリから探す

動画でわかる看護技術トップへ