患者さんと試合経過で盛り上がる!ある強火野球オタク看護師の話|ナースの推し事(3)

 

  • 本連載に出演していただけるオタクの看護師さんを募集しています! 応募はこちら♫

 

この連載では、さまざまな「推し」と一緒に日々を乗り切るナースに、推しのいる日常や、推しに救われた経験をインタビューしていきます。

 

第3回は、横浜DeNAベイスターズが大好きだという、看護師6年目のわかこさん(仮名)。
野球好き歴15年、ベイスターズファン歴5年…「もはや人生の一部」と話すわかこさんは、仕事と推し活をどのように両立させているのでしょうか。 

 

生粋のオタク気質である筆者が、じっくりお話を伺ってきました!

 

取材・文/於ありさ(ライター)

地元で働き、地元で観戦! わかこさんの推し活事情

――本日はよろしくお願いします!まずはわかこさんのプロフィールを教えてください。

 

看護師6年目です。地域包括ケア病棟で働いています。

 

生まれも育ちも、看護学校も横浜で、横浜DeNAベイスターズ(以下、ベイスターズ)が大好きです!

 

――もともと野球がお好きだったんですか?

 

そうですね。両親が千葉ロッテマリーンズ(以下、ロッテ)のファンなので、小さいころからよくテレビで野球を見る家だったんですよ。

 

2005年にロッテが日本一になったのをきっかけに、私もロッテを応援するようになりました。

 

――ベイスターズを好きになったきっかけって、どんなことだったんでしょうか?

 

野球好きがきっかけで知り合った夫が、小さい頃からベイスターズが好きで。その影響が大きいです。

 

地元の球団ということもあって、仕事後にも通いやすくて!球場の雰囲気もすごく好きで、球場に通っているうちに、ベイスターズにハマっていきました。友達や患者さん、同僚にもベイスターズ好きが多いです。

 

パートナーと、大好きな横浜スタジアムでウェディングフォトを撮影。同じ趣味だからこその、素敵な写真!

 

――地元ってやっぱり強いですね…!ちなみに、推し選手っていらっしゃるんでしょうか?

 

ベイスターズという球団自体が好きなのはもちろんなんですけど、私にとって神様のような選手がいて…。その選手のことを特に推しています!

 

――神様!どなたですか?

 

今、キャプテンをしている佐野恵太選手です。2018年から応援しています。

 

2016年のドラフト下位指名で入団した選手で、出場機会もそんなになかったんですけど、あることをきっかけに出場機会が増えて、2020年からはキャプテンに…!私の目に狂いはなかったなって感じです!(笑)

佐野選手を好きになってから集めているユニホームの一部。入団時には「44」だった背番号は、2020年、ベイスターズの過去の名打者が背負ってきた「7」に変わりました

 

――好きになったきっかけは、なんだったんですか?

 

彼の出場機会が増えたきっかけでもあるのですが、2018年6月29日のカープ戦で、最終回のワンアウト1・2塁のとき、代打で出場して、サヨナラヒットを打ったんです!

 

「このプレッシャーの中で、代打で出てきて打てるなんて。絶対すごい選手になる!」って思って、そこからハマっていきました。
 

――出場機会が少なかったのに、チャンスでしっかり結果を残して、今はキャプテンってすごいですね!

 

そうなんです。今は絶大な信頼を得ているんですけど、当時はほぼ無名でしたから。代打に抜擢されたときは「一軍の試合ではイマイチだけど、二軍の中では打てる選手」みたいな立ち位置でした。

 

私が好きになった頃は、球場でタオルを持っている観客が少なかったこともあって、オーロラビジョン(※)によく抜かれていましたね。

 

今は背番号7なんですけど、昔の背番号44時代のグッズを持って行って、「痛いな〜」と思いつつ、無意味に古参アピしちゃいます(笑)。アピールしたところで、何かがあるわけではないんですけどね。

 

※オーロラビジョン…野球場にある大きなスクリーンのこと。選手の登場時や、ヒットを打つなど活躍したときに、その選手を応援しているとわかるファンを映すこともある。

新型コロナウイルス感染拡大前、球場で観戦時に撮影。ユニホームとタオルで推しをアピール!

 

地元球団だから、効率よく推し活できる

 ――お仕事と推し活のスケジュールの組み方を教えてください。

 

コロナ前は、入りの日以外は球場に行ってました!日勤終わりも、夜勤明けも!

 

明けの日は、9時過ぎに退勤、10時に家に着いて仮眠して、16時半くらいに起きて準備して、18時開始の試合に行く、みたいな感じです。

 

以前は球場に近いところに住んでいたし、病院から球場も自転車で行ける距離なので、とにかく球場に行くことをメインで推し活していました。

 

――日勤の日は、どんな感じですか?

 

試合がある日は、「17時半にあがるんで!」って宣言して、仕事を爆速で終わらせて、球場に向かいます。そんな様子を見て「普段からこれくらいで働いてくれたらいいのに(笑)」って言われます。

 

カバンを持たずに、このチケットホルダー(左:表面、右:裏面)に貴重品だけ入れて観戦に行くことも。佐野選手のキーホルダーがポイント!

 

――地元の球団だと、すぐに行けるのが強みですね。

 

そうですね。緊急入院があったりすると、試合開始にはどうしても間に合わなくて、3回裏とかになっちゃうこともあります。それでも試合はしっかり見れるから、病院と球場が近いのはありがたい!

 

あと、ロッカーでユニホームを着て出ていっても、同僚にびっくりされないのもありがたいです。同僚はもちろん、他部署の人やドクターもみんな、私がベイスターズファンって知ってくれてるので(笑)。
 

――働いている時間と、試合時間が被ってしまうときは、後から試合結果だけを見るんでしょうか?それとも録画して後から見たりするんですか?

 

それが…患者さんが試合経過を教えてくれることも多いんです

 

地元の球団ということもあって、患者さんにもベイスターズファンが多くて!球場の歓声がうっすら聞こえたとき、「さっき誰かホームラン打ったんですか?」って野球好きな患者さんに聞くと、教えてくれるんですよ。

 

――野球の話題が、コミュニケーションのきっかけになっているんですね!

 

そうなんです!職場でもベイスターズグッズを使ってるので、患者さんに「好きなの?」と聞かれることも多いですし、ドクターや同僚との話のきっかけにもなります。

 

あと、試合中継を見ている患者さんや、スポーツ新聞を読んでいる患者さんがいたら、検温しながら「野球お好きなんですか?」って話しかけることもあります。共通の話題があると打ち解けられるので、仕事に支障がない程度に立ち話できて嬉しいです。

 

同僚の理解や、患者さんとのコミュニケーション、病院の立地…全部含めて、存分に応援させてもらえる環境です。

定番の観戦グッズ。ユニホーム、キャップ、タオル2本、チケットホルダー、ウエストポーチ

 

――希望休は取りやすい環境ですか?

 

仕事後に行くことも多かったので、観戦のために休みを取る必要もあまりないのですが、「入り以外」の希望で提出すると、師長さんが「試合がある日なんだな」と察してくれて、調整してくれてました。

 

あと、キャンプ(※)がある2月、夏休みでも年末休みでもないのに、5日間休みをいただけたんです! 理解のある環境で、本当にありがたいなと思います。

 

※キャンプ…公式戦の期間外などに、各球団が沖縄県や宮崎県などに一定期間泊まり込みで、全体練習や個人練習、自主練習などを行うこと。

新型コロナウイルス感染拡大前、職場の同僚とハマスタ(横浜スタジアム)で観戦!一番右がわかこさん。

 

コロナ禍で再発見!新たな野球の魅力

――球場での観戦以外だと、コロナ前はどんな形で推し活していたんですか?

 

サイン会やファン感謝祭に参加したり、キャンプを見に行ったりしていました。

 

ユニホームやグッズも、かなり持っていますし、タオルは使う用と保存用に2本買っちゃいますね。全部合わせたら、グッズの祭壇を作れるくらいの量を持っています(笑)。

わかこさん宅のグッズの一部。向かって左側には、佐野選手の特大バスタオル。右側には歴代ユニホームがずらり

 

――わかこさんの推し活のモチベーションはどこにあるんでしょうか?


やっぱり、佐野選手の活躍を見れることですね。

 

あとは、球場の空気が好きです。「年齢も名前も知らないけど、ここにいる人達はみんな野球が好きなんだな」って思うと、すごく幸せなんですよね。コロナ前は、知らない人とハイタッチして喜びあったり、声を出して応援したりするのも好きでした。

 

――コロナ禍をきっかけに、球場に入場できる人数に制限がかかってしまったと思うのですが…。

 

そうですね。横浜スタジアムはマックスで3万人くらい入れるのに、今は5000人くらいしか入れなくなってて。仕事のことを考えても、観戦には行きづらくなってしまいました。

 

最近はテレビで試合を見てますね。

 

――正直、推し活へのモチベーションが下がってしまうことはないんですか?

 

あまり下がってはいないです。「今まで通りじゃないのは仕方ない」って割り切っています

 

ただ、勝ち負けでテンションの高低が変わることはありますが…。あ!でも、負けてても、佐野選手が活躍できていれば幸せです(笑)。

 

あと、コロナをきっかけに試合の見方が変わって、それはそれで楽しいかなって!

 

――どのように変わったのでしょう?

 

テレビで観戦するからこそ、細かいところまで見るようになったんですよね。「バッティングフォームが変わったな」とか、「苦手なコースも打てるようになったんだな」とか!

 

あと、球場が静かだからこそ、ピッチャーの投げたボールがキャッチャーミットに入る音とか、バットにボールが当たる音、選手同士の声かけが響くようになって、野球の音が以前よりも聞こえるのが楽しいです

 

木製バットでボールを叩く音って、改めて聞くと、本当にすごいんですよ!

 

ベイスターズは、私の人生の一部!

――お仕事をしている中で、ベイスターズに助けられているなって思うことはありますか?

 

常にです!もはや人生の一部なので!

 

ベイスターズを見に行くためのチケット代、グッズ、キャンプの旅費のために働いていますし、ベイスターズがある限り頑張れちゃいます

 

あとは佐野選手が活躍していくこと、「今日も元気に試合出てる!」って見れることが、本当に幸せです。私も頑張れます!

 

――まさに、「推しは人生の一部」ですね…! ありがとうございました!

 

地元球団を愛し、地元で働いているからこそ、思いっきり推し活をしている姿が印象的だったわかこさん。好きな球団、好きな選手の話をする時、本当に幸せそうに話していたので、こちらまで幸せになりました。

 

「試合に行きたいから、メリハリをつけて効率的に仕事ができるんです」とのこと。わかこさんの「ベイスターズがある限り頑張れちゃいます」という言葉に、同じオタクとして、強く共感しました。

 

執筆

ライター於ありさ

エンタメ系のインタビューライター。Walkerplus・テレビジョン・マイナビなどで執筆中。サンリオ/男性アイドル/ラジオ/テレビ/お笑いなど多方面のオタク。

Twitter Instagram TikTok

イラスト

イラストレーターあさなさくま

漫画家・イラストレーター。日常をコミカルに描いたコミックエッセイや、ポップなイラストレーションを発表。アパレル出身ならではのリアルなファッション描写を持ち味としている。

Twitter Instagram

 

連載「ナースの推し事」に出演していただける、オタクの看護師さん大募集!!

・推しに人生を支えられている!

・推しのおかげで、仕事も日常生活も充実!

・推しへの愛の強さに自信あり!

ジャンルはなんでもOKです!「我こそは!」という看護師さん、ぜひぜひお待ちしております◝(⑅•ᴗ•⑅)◜..°♡

応募はこちら♫

SNSシェア

コメント

0/100

ライフスタイルトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆整形外科看護の問題◆以下の中で、手根管症候群に特徴的に見られる徴候はどれでしょうか?

  1. ティネル徴候
  2. バレー徴候
  3. クボステック徴候
  4. ラセーグ徴候

10458人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8466人の年収・手当公開中!

給料明細を検索