すぐ作れる!梅と大葉としらすの冷製パスタ | 料理家ナースこうよしのナースごようたしレシピ集【8】

こんにちは。現役ママナースで栄養士、Jr.野菜ソムリエのこうよしです。

 

今回は、暑い夏にもさっぱり食べられる、さわやかな冷製パスタをご紹介します。

わが家では夏場、食欲がなくなりがちなときにしばしば登場する一品です。

 

梅に含まれるクエン酸は、疲労の原因となる乳酸の生成を抑制します。そのため、疲労の回復や、肩こり・筋肉痛の予防・改善が期待できます。

 

また、大葉の香りのもとであるペリルアルデヒドという成分は、嗅覚神経を刺激し液の分泌を促すため、食欲増進と健胃の作用があるとされています。食欲不振になりがちな夏場にぴったりですね。

 

今回も面倒な味付けは一切なし! 材料を混ぜるだけで味が整ってしまうという手軽さなので、ぜひお試しください。

 

第8回 『梅と大葉としらすの冷製パスタ』

 

材料(2人分)

パスタ(スパゲティ)・・・200g

梅干し(大きめのもの)・・・3個

大葉(青しそ)・・・10枚

しらす干し・・・大さじ2(10g程度)

オリーブオイル・・・小さじ2

 

作り方

①パスタをゆで、材料を切る

パスタを既定の時間だけゆでます。

その間に材料を切ります。大葉は芯の部分が固いので、写真のように包丁で切り取り、葉の部分を千切りにしていきます。

 

 

梅干しは、種を取って包丁で細かくたたきます。

材料を準備してしまえば、この料理はほぼできあがりも同然です。

 

 

②パスタと梅、大葉を混ぜ合わせる。

パスタが茹であがったら、ざるにあけて流水でよく冷やします。麺が冷たくなったら、よく水切りをします。

水切りした麺をボールに移し、オリーブオイル、梅、大葉を入れて混ぜ合わせます。

 

 

=ここがポイント!=

良く混ぜ合わせることで、味にむらがなくなり、美味しくなります。

 

③盛り付け

②のパスタをお皿に盛りつけて、しらす干しをたっぷり乗せれば完成です!

 

 

しらす干しを乗せることで、カルシウム、たんぱく質も摂れて栄養価がアップします。

それぞれの材料に味や香味があるので、素材の味が楽しめる一品です。

 

暑くて食欲のないときに、手軽に作れるさっぱりした冷製パスタ。

ぜひ一度試してみてくださいね。

 

次回は、「すぐできる! お手軽小鉢料理3品」をご紹介します。

お楽しみに!!

 

 


【荒井希枝】

育児をしながら看護学校を卒業し、病棟に勤務。看護師のほか、栄養士、Jr.野菜ソムリエの資格も保有し、テレビや雑誌などで活躍中。

・クックパッド「こうよしのキッチン」

・ブログ「ママがナースになったらしい~野菜ソムリエこうよしの簡単おいしいキッチン」

SNSシェア

コメント

0/100

ライフスタイルトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆フィジカルアセスメントの問題◆小児の呼吸について誤っているものはどれでしょうか?

  1. 小児は咽頭や喉頭が柔らかく狭いため、分泌物などで閉塞しやすい。
  2. 便秘やガスの貯留による腹部膨満により、呼吸困難が誘発されることがある。
  3. 乳児の呼吸は、横隔膜運動を主とする腹式呼吸である。
  4. 小児の粘膜組織は脆弱であるため、口・鼻の吸引は行ってはならない。

2288人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8096人の年収・手当公開中!

給料明細を検索