注射後、5分以上注射部位を押さえるのはなぜ?|静脈内注射

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は注射後に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

注射後、5分以上注射部位を押さえるのはなぜ?

注射後、5分以上注射部位を押さえるのは、針によって損傷された血管壁の修復に3分以上かかるからです。

 

血管壁が損傷すると血小板が付着し、セロトニン、カテコラミンなどが放出されて血栓が作られ、一次止血が行われます。その後、血栓にフィブリン網(もう)が付着し、より強固な血栓が形成されます。これが二次止血です。この過程に3分以上要しますので、止血の目安は5分とされています。

 

図1止血の仕組み

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ