SBバック|ドレナージ吸引装置の使い方

ドレーンカテーテル・チューブ管理完全ガイド』より転載。
今回はSBバックの使い方について説明します。

 

編著 窪田敬一
獨協医科大学医学部第二外科教授

 

〈目次〉

SBバックの使用部位・適応

SBバック

 

  • 整形外科:人工関節置換術
  • 一般外科乳房切断術、甲状腺腫瘍摘出術、食道癌拡大郭清時の頸部ドレナージ
  • 耳鼻咽喉科耳下腺腫瘍摘出術
  • 脳神経外科:開頭術後の皮下ドレナージ
  • 婦人科子宮広範摘出術
  • 口腔外科:顎変形症に対するドレナージ

SBバックの各部の名称と機能

 

SBバックの使用手順・接続

最も一般的な塩化ビニール製ウーンドドレナージチューブ(ラウンドタイプ)を使用した場合の手順を示す。

 

1創部への留置

1本使いか2本使いかを決定し、創部にウーンドドレナージチューブを留置し、縫合部分からやや離れた創内部より皮膚側に針を貫通させる。

 

2挿入

①1本使いの場合:Yコネクターの開口しているポートにウーンドドレナージチューブを挿入、接続する。

 

②2本使いの場合:Yコネクターの閉じているポートを開口ポートと同じ長さになるよう切断し、同様に接続する。

 

3固定

必要により、ウーンドドレナージチューブを縫合糸で体表に固定する。

 

4接続

Yコネクター付きチューブを接続ボトル上部の集液ポートに接続する。

 

5セッティング

①排液ボトルについている板クランプを閉じる。

 

②吸引ボトルのゴム球をポンピングし、バルーンをボトルいっぱいになるまで膨らませる。

 

③Yコネクター付きチューブを接続コネクターにしっかりと差し込む。

 

6吸引開始

板クランプを解除する。

 

7排液量測定

排液ボトルを垂直にして測定する。50cc以下の場合は斜めにする。

 

8排液

板クランプを閉じ、排液口を開けて排出する。連結チューブを外すと、よりスムーズに排液が可能。

 

9再吸引

①板クランプは閉じたまま排液口を閉じる。連結チューブを外した場合は、吸引ボトルにつなぐ。

 

②吸引ボトルのゴム球をポンピングし、バルーンをボトルいっぱいになるまで膨らませる。

 

③板クランプを解除すると吸引が再開される。

 

SBバックの保守・点検

一般のディスポーザブル製品の取り扱いに準じる。

 

SBバックの使用上の注意

吸引器(排液ボトル+吸引ボトル)を傾けたり、逆さにしたりすると、排液が吸引ボトル内に入り込み、吸引ボトルの性能に支障をきたすことがある。そのため、できる限り吸引器は垂直に保ち、やむを得ず横にする場合は印刷面を上にする。

 

逆行性感染の可能性があるため、排液時には必ず板クランプを閉じる。

 

ウーンドドレナージチューブをYコネクターに接続する際は、チューブ先端を45°に切断し、滅菌生理食塩水で濡らしてから差し込むと容易に接続できる。

 


[販売元/資料請求先]
住友ベークライト株式会社医療機器事業部
〒140-0002  東京都品川区東品川2-5-8  天王洲パークサイドビル
URL:http://www.sumibe.co.jp/product/medical/

 

*掲載時のものです。

 


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2015照林社

 

[出典] 『ドレーン・カテーテル・チューブ管理完全ガイド第一版』 (編著)窪田敬一/2015年7月刊行/ 株式会社照林社

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ