気管チューブのカフはなんのためにあるの?なぜカフ圧調整しなくてはいけないの?

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

 

今回は「気管チューブのカフ圧調整」に関するQ&Aです。

 

露木菜緒
国際医療福祉大学成田病院準備事務局

 

気管チューブのカフはなんのためにあるの?なぜカフ圧調整しなくてはいけないの?

 

気管チューブのカフの役割は、気管壁とチューブの間のリーク防止です。カフ圧は、経時的な自然脱気に加え、体位変換や気管吸引刺激などでも変動するため、カフ圧計を用いた定期的な調整が必要です。

 

〈目次〉

 

カフの役割

気管チューブのカフの役割は「気管壁とチューブの間のリーク防止」である。

 

気管壁とチューブの間にリークがあると、気管分泌物や吐物を誤嚥してVAP(人工呼吸器関連肺炎)の原因になるだけでなく、人工呼吸中のエアリークが換気量の低下を引き起こすためである。

 

カフは、風船のような形状をしているが、経時的な自然脱気に加え、体位変換や気管吸引刺激などでも変動するため、定期的なカフ圧調整が必要となる。

 

カフ圧調整の必要性

カフ圧の調整は重要である。

 

「カフ圧≠カフが気管壁面に与える圧」だが、気管壁がカフから受ける圧力を直接測定できないこと、カフ圧が高いほど気管壁にかかる圧力は高くなり、気管壁を損傷する恐れがあることから、カフ圧の調整の重要性がわかる。

 

カフ管理のポイント

1カフの定期的な脱気は行わない

現在は、カフの定期的な脱気は不要となっている。以前は、カフが気管壁を圧迫することで生じる血流途絶・壊死を防止するため、定期的にカフの空気を抜いたが、カフ圧計を用いて気管壁の動脈圧より低い圧で管理すれば血流を途絶させないことが判明したためである。

 

定期的な脱気は、PEEPの解除、エアリークによる換気量の低下、分泌物の垂れ込みなど、デメリットが大きい。

 

2カフは誤嚥を防止できない

カフ圧を高くしても、垂れ込みを防ぐことはできない。なぜなら、カフ上部に貯留した分泌物は、カフを膨らませた際にできるひだを伝って、下気道へ垂れ込むためである。

 

誤嚥を最小限にとどめるには、気管の内腔を広範囲にシールドし、カフ上部吸引機能がついた気管チューブを選択することが望ましい。

 

最近は、垂れ込みにくい形状のカフ(テーパーガード:図1)を内蔵しているチューブも販売されている。

 

図1垂れ込みにくい形状のカフ

 

略語

 

  • VAP(ventilator-associatedpneumonia):人工呼吸器関連肺炎
  • PEEP(positiveendexpiratorypressureventilation):呼気終末陽圧換気

[文献]

  • (1)Seegobin RD, van Hasselt GL. Endotracheal cuff pressure and tracheal mucosal blood flow: endoscopic study of effects of four large volume cuffs. Br Med J 1984; 288: 965-968.
  • (2)American Thoracic Society, Infectious Disease SocietyofAmerica. Guidelinesforthe management of adults with hospital-acquired, ventilator-associated and healthcare-associated pneumonia. Am J CritCare Med 2005; 171: 388-416.
  • (3)露木菜緒:気管チューブのカフ圧は調整手技により低下する-実験研究による検討-.日本クリティカルケア看護学会誌2010;6:50-57.
  • (4)中嶋美和子:カフ圧の測定を怠ってはいけない.道又元裕,木下佳子,杉澤栄他監修,やってはいけない人工呼吸器管理50,日本看護協会出版会,東京,2006:138-140.

 


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』 (編集)道又元裕/2016年1月刊行/ 照林社

SNSシェア

看護知識トップへ