エコー検査の準備と片付け

画像検査のなかでも、エコー(超音波)検査は、侵襲度が低く、簡便に行える検査です。
外来や病棟で、ナースが目にすることの多いエコー検査について、コツやポイントを消化器内科医が解説します。

 

[前回の内容]

腎臓のエコー像

 

今回は、「エコー検査の準備・片付け」についてのお話です。

 

加藤真吾
(横浜市立大学医学部肝胆膵消化器病学教室)

 

通常、エコー検査はドクターがしますが、ポータブルエコー機器の準備と片付けは、ナースの皆さんにも手伝っていただく場合があります。

 

ポータブルエコーって、救急外来や病棟で使用するエコーのことですよね?

 

その通り。施設によっては、ドクターが全部準備する場合もありますが、ナースにも理解していただけるとありがたいです。

 

ここはしっかりと覚えて、先生の役に立てるように頑張ります!

 

ありがとう。それでは、準備と片付けのポイントの解説を始めます。

 

〈目次〉

 

検査前の準備

エコー機器を設置する

エコー検査では、術者が検査しやすいエコー機器の向きがあります。通常、エコー機器は、患者さんの頭側(患者さんから見て右側)で、画面は足側を向くように配置します(図1)。

 

図1エコー機器の配置例

 

エコー機器の配置例

 

エコー機器は患者さんの頭側・右側で、画面が足側に向くように配置します。

 

エコーゼリーを準備する

エコー検査では、プローブと身体の間の空気をなくし、しっかりと密着させる必要があります。そこで、エコーを伝わりやすくするため、患者さんの身体にエコーゼリー(超音波検査用ゼリー)を塗ります。検査後には、患者さんの身体に塗ったエコーゼリーを拭く必要があるため、検査を始める前に、片付けの際の準備もしておきましょう。

 

また、検査中に、患者さんの服にエコーゼリーが付かないように、タオルなどで衣服を保護します。患者さんが女性の場合は、必要時以外は、胸にタオルをかけておきましょう。

 

部屋のセッティング

検査を始める際には、術者がモニター画面を見やすいように、部屋の電気を消します。検査が終了したら、部屋の電気をつけましょう。

 

検査後の片付け

検査後は、プローブに付いたエコーゼリーを拭きとって、アルコール綿で拭きます。

 

プローブは、複数の患者さんに直接触れるため、感染性疾患(腸炎など)の疑いがある患者さんに使用した場合は、特に念入りな清掃が必要です。ノロウイルスの疑いがあった場合など、必要であれば、次亜塩素酸で拭きましょう。

 

 

Check Point

  • エコーを伝わりやすくするため、患者さんの身体にエコーゼリーを塗ってから検査を行います。
  • プローブは、直接患者さんの体に触れるため、感染の温床になる危険性があります。
  • 検査と検査の間には、必ずアルコールでプローブの消毒を!

 

これでエコー検査の基礎知識編は終了です。
次は、いよいよ実践編です。疾患や症状別にエコー検査のポイントを見ていきましょう。

 

[次回]

肝内胆管拡張症は閉塞性黄疸のサイン

 

 


[執筆者]
加藤真吾
横浜市立大学医学部肝胆膵消化器病学教室

 


Illustration:田中博志

 


SNSシェア

看護知識トップへ