呼吸音にはどのような意味があるの?|呼吸器に関するQ&A(5)

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

 

[前回]

気道にはどんな働きがあるの?

 

今回は「呼吸」に関するQ&Aの5回目です。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

〈目次〉

 

呼吸音にはどのような意味があるの?

呼吸をしている時にヒューヒュー、ゼーゼーなどの音がすることがありますが、これを喘鳴(ぜんめい)といいます。

 

喘鳴は、①気管支の粘膜に浮腫や炎症が生じる、②分泌液が増える、③気管支壁の平滑筋に攣縮が起きる、などが原因で、気管支の内径が狭くなることによって生じます。

 

吸息(きゅうそく)では気管支の内径が広がるため、あまり音はしませんが、呼息(こそく)の時には内径が極端に狭くなるので、呼息と共鳴して喘鳴が発生し、また呼息時間が延長します。 

 

汚染された空気やタバコの煙を吸入すると、私たちの身体は、汚染物質を体内に吸い込まないように防御反応を起こします。そのため気道が狭くなり、極端な場合には完全に閉塞してしまい、込みます。また完全に閉塞しない場合には、狭くなった気道に空気が通りますので、喘鳴が起きることになります。

 

また、肺循環がスムーズに行われなくなると、呼息時、吸息時ともに喘鳴が生じることがあります。

 

呼吸運動を調節しているのはどこ?

運動をして酸素の消費量が増えた場合を考えてみましょう。酸素をたくさん使うと、体は無意識のうちに大量の酸素を取り込もうとします。その結果、呼吸は速くなります。

 

一方、心臓も拍動を速め、酸素を組織に送り込むように働きます。このように、胸郭のフイゴ運動と心臓のピストン運動が協力して働くため、運動直後は呼吸が速くなり、胸がドキドキしてくるのです。 

 

それでは、こうした動きを調節しているのは体のどこでしょう。

 

運動によって多くの酸素が消費されれば、二酸化炭素の産生も高まります。すると、血液中の二酸化炭素分圧(PCO)が上昇して脳脊髄液のpH濃度が高くなり、脳(延髄)の呼吸中枢が刺激されます。その結果、呼吸運動が速くなり、換気が増すことになるのです。

 

運動時だけでなく、発熱時にも呼吸が速くなります。これは、発熱(血液の温度の上昇)が呼吸中枢を刺激し、その結果、呼吸運動が活性化されるためです。

 

[次回]

ガス交換ってどんなもの?

 

⇒〔解剖生理Q&A記事一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ