脂肪はどのような形で吸収・代謝されるの?

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「脂質吸収」に関するQ&Aです。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

脂肪はどのような形で吸収されるの?

脂肪は糖質とともに重要なエネルギー源になる栄養素です。脂質の大部分は中性脂肪(トリグリセリド)として摂取され、リパーゼという消化酵素の作用で脂肪酸とグリセリンに分解され、小腸絨毛上皮細胞から吸収されます(「脂肪はどのように消化されるの?」参照)。ここで、脂肪酸とグリセロールは再び中性脂肪(トリグリセリド)に再合成され、さらにこれに特別なタンパク質が結合して、カイロミクロンというリポタンパク質になります。

 

カイロミクロンは、毛細リンパ管、リンパ管、胸管を経由して血液中に入り、肝臓や脂肪細胞に蓄積されます。 血液中のリポタンパク質は脂質とタンパク質の集まりで、この2つの割合によって比重が変わります(図1)。中性脂肪が占める密度が最も多いのがカイロミクロン、次いでVLDL、LDL、HDLの順になります(表1)。

 

図1リポタンパク質

リポタンパク質

 

表1リポタンパク質の種類と特徴

リポタンパク質の種類と特徴

 

脂肪はどのように代謝されるの?

蓄積したグリコーゲンを使い切ると、皮下、腹腔内、筋肉間などに蓄えられた脂肪が分解され、エネルギー源として使われるようになります。脂質はエネルギー効率の高い栄養素で、1gの脂質から9kcalの熱量が生み出されます。

 

脂肪組織に蓄えられた中性脂肪(トリグリセリド)は、グリセロールと脂肪酸に加水分解され、脂肪酸はタンパク質(この場合にはアルブミン)と結合した状態で血液中に放出されます。そして、肝臓、心臓腎臓、筋肉、肺などに取り入れられ、エネルギー源になります。

 

一方、グリセロールはアセチルCoAを経て解糖系に入り、エネルギーを産生したり、再び中性脂肪を合成するために用いられます。

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ