消化酵素は何のためにあるの?

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

 

[前回]

なぜ消化する必要があるの?

 

今回は「消化酵素」に関するQ&Aです。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

消化酵素は何のためにあるの?

消化には、食塊を小さく砕く物理的消化と、消化液で分解する化学的消化の2種類があります。このうち、化学的消化を行う時に必須なのが消化酵素です。

 

は切歯(せっし)で11〜25kg、臼歯(きゅうし)で30〜90kgもの耐力を持っています。歯によって食物は細かく噛み砕かれ、胃の蠕動(ぜんどう)運動により、物理的消化が行われます。

 

しかし、これだけではただ、食塊の一片の大きさが小さくなるだけです。そこで、消化酵素が登場します。消化酵素は唾液胃液膵液(すいえき)などに含まれており、それぞれ、分解する物質が異なっています。

 

消化酵素の特徴の1つは、順番に仕事(化学的消化)をしていくことです。最初は、食物に含まれる栄養素を大雑把に分解し、胃腸管(消化管)をたどるにつれ、細かく分解していきます。 

 

例えば、ご飯やパンなどの炭水化物の場合、唾液などに含まれるアミラーゼにより、2分子からなる麦芽糖や、グルコースが数個結合したデキストリンという多糖に分解されます。次に、小腸の絨毛(じゅうもう)上皮細胞の細胞膜上にあるマルターゼスクラーゼラクターゼなどによってグルコースに分解され、吸収されます。

 

タンパク質も同様に、で分泌される消化酵素であるペプシン、膵液に含まれるトリプシンキモトリプシン、小腸の絨毛上皮細胞上のアミノペプチダーゼなどによって徐々に分解されていきます。 以上のように、消化酵素は食物に含まれる栄養素を分解し、血液やリンパ液に吸収されやすい形に変える働きを持っています。

 

MEMO吸収

食物は消化酵素によってブドウ糖、果糖、ガラクトース、脂肪酸、グリセロール、アミノ酸などに分解されます。これらの分解産物を、小腸や大腸の粘膜に取り込むことを吸収といいます。

 

COLUMN食欲の仕組み

食欲をコントロールしているのは、間の視床下部にある摂食中枢と満腹中枢です。摂食中枢が刺激されると食欲がわき、満腹中枢が刺激されると満腹感を感じます。こうした調節を行う時に重要な働きをしているのが、血中グルコース濃度(血糖値)です。

 

食事をして食物が消化、吸収されると、血糖値が上昇して満腹中枢のスイッチが入ります。一方、活動によってエネルギーが消費されると、血糖値が低下し、体に蓄えていた脂肪が遊離脂肪酸に分解され、エネルギーが産生されます。遊離脂肪酸が血液中に増加することで、摂食中枢のスイッチが入ります。

 

[次回]

唾液はどんな刺激で出るの?

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ