1. 看護roo!>
  2. 看護クイズ>
  3. クイズアーカイブ>
  4. 11月08日のクイズ

2017/11/08の看護クイズ

被災地での現場救護所(医師1名、看護師1名)で二次トリアージ(生理学的・解剖学的評価法)を実施する際、以下の中で最も適切な対応はどれでしょうか?

  • 1.全身観察を視診で行うと両下肢に活動性の出血が見られた。圧迫止血後、洗浄し、縫合した。
  • 2.気管の偏位、血腫、頸静脈の怒張が著しい状態であったため、気胸を疑い、緊急搬送のための準備を始めた。
  • 3.視診で腹部を観察すると外表面の異常、腹部膨満、腹壁の緊張が見られた。腹腔内出血を疑い、赤カテゴリーとした。
  • 4.視診で両大腿部の観察をすると変形・腫脹が見られた。感覚障害はなく、手の離握手、足の背屈など簡単な命令に従えたことから、黄色のカテゴリーとした。

解説・答え

解説・答えを見る

正解者1478人 / 正解率43

PAT法(Physiological and Anatomical Triag)とは、生理学的・解剖学的評価によって行われるトリアージ方法です。

1. 全身観察を視診で行うと両下肢に活動性の出血が見られた。圧迫止血後、洗浄し、縫合した。

不正解

PAT法の全身評価は、トリアージのための全身評価であり、気道確保と活動性出血の圧迫止血以外の処置は行いません。

2. 気管の偏位、血腫、頸静脈の怒張が著しい状態であったため、気胸を疑い、緊急搬送のための準備を始めた。

不正解

この所見がある傷病者は、緊張性気胸が強く疑われます。そのため、搬送ではなく、現場救護所でいったん必要な医療処置を実施し、状態の安定化を図ります。その後、受け入れ準備の整った医療機関へ傷病者の搬送順位をきめる搬送トリアージを行い、傷病者の搬送コントロールを図ります。

3. 視診で腹部を観察すると外表面の異常、腹部膨満、腹壁の緊張が見られた。腹腔内出血を疑い、赤カテゴリーとした。

正解

腹部膨満、腹壁緊張が見られる場合は、腹腔内出血や腹部臓器損傷が疑われ、赤カテゴリーとなります。そのため、この選択肢が正解です。

4. 視診で両大腿部の観察をすると変形・腫脹が見られた。感覚障害はなく、手の離握手、足の背屈など簡単な命令に従えたことから、黄色のカテゴリーとした。

不正解

両足の大腿部の変形、腫脹から両側大腿骨骨折を疑う症例です。両側大腿骨骨折は、赤カテゴリーとなります。

引用参考文献など
1)二宮宣文ほか編.山本保博ほか監.トリアージ:日常からトリアージを考える.荘道社, 2014,63.
  1. 看護クイズアーカイブに戻る
今日のクイズに挑戦!

関連記事

いちおし記事

電池切れ|マンガ・ぴんとこなーす【226】

夜勤明けあるある!夜勤ハイがずっと続くと思いきや… [ 記事を読む ]

【イラストで解説!】消化器系の解剖生理

胆汁は胆嚢から放出されます。では、胆汁を作るのはどこでしょう? [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

TV番組、毎週どれだけ録画してる?

投票数:
1275
実施期間:
2019年05月31日 2019年06月21日

院内のジンクス教えて!

投票数:
1114
実施期間:
2019年06月04日 2019年06月25日

4番目に大切な人は?

投票数:
1089
実施期間:
2019年06月07日 2019年06月28日

「採血が難しい血管」選手権!

投票数:
1012
実施期間:
2019年06月11日 2019年07月02日

勤務先にめずらしい福利厚生、ある?

投票数:
891
実施期間:
2019年06月14日 2019年07月05日

エンゼルケアどこまでやっている?

投票数:
2183
実施期間:
2019年06月18日 2019年07月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者236

過敏性腸症候群のRome Ⅲ診察基準では、「半年以上前から腹痛や腹部不快感を繰り返し、特に最近3カ月は、月のうち3日以上ある」という症状のほか、3つの項目が当てはまることとされています。下記の選択肢のうち、その3つの項目に当てはまらないものはどれでしょうか?

  • 1.腹痛や腹部不快感は、排便すると軽くなる。
  • 2.症状とともに排便の回数が増えたり減ったりする。
  • 3.症状とともに便の形状が以前と変わった(柔らかくなったり硬くなったりする)。
  • 4.症状とともに発熱のような随伴症状、もしくは血便が見られる。
今日のクイズに挑戦!