1. 看護roo!>
  2. 看護クイズ>
  3. クイズアーカイブ>
  4. 11月07日のクイズ

2017/11/07の看護クイズ

86歳男性。前立腺肥大、糖尿病で、膀胱留置カテーテルを挿入しています。脳梗塞の既往があり、要介護3で週に1回訪問看護を利用しています。カテーテル交換は、泌尿器科を受診し、実施していました。その際、療養者からの苦痛の訴えや発熱はありませんでした。しかし、今回の訪問時に、畜尿バッグが青紫色に変色していることに気づきました。状況から考えて、適切な対応は次のうちどれでしょうか?以下から2つ選んでください。

  • 1.膀胱留置カテーテルを抜去する。
  • 2.排便コントロールを行う。
  • 3.畜尿バッグの交換を行う。
  • 4.医師へ報告する。

解説・答え

解説・答えを見る

正解者665人 / 正解率15

1. 膀胱留置カテーテルを抜去する。

不正解

泌尿器科疾患の既往があるため、カテーテルを抜去するかどうかは、抜去しても問題がないかを泌尿器科の医師に相談する必要があります。発熱などの尿路感染症の徴候はみられませんので、抜去する必要はありません。

2. 排便コントロールを行う。

正解

便秘などにより、腸内細菌が増殖すると、大腸内のアミノ酸の一種トリプトファンがインドールに分解されます。その後、インドールは肝臓でインジカンとなり、尿から排出されます。尿中のインジカンが色素となって、青紫色に膀胱留置カテーテルやバッグを染め上げます(これを「紫色尿バッグ症候群」と呼びます)。したがって、便秘の改善のために排便コントロールをする必要があります。つまり、この選択肢が正解となります。

3. 畜尿バッグの交換を行う。

不正解

蓄尿バッグの交換だけでは変色は改善しません。たとえ交換したとしても、また変色を繰り返すことになります。

4. 医師へ報告する。

不正解

※この選択肢も正解です。
この療養者さんには発熱などの全身症状がないので、この時点では感染徴候があるとははっきりとは分かりません。しかし、初めて紫色尿バッグ症候群に気付いたのであれば、医師の診断が必要となります。紫色尿バッグ症候群の患者さんの場合、プルゼニド®や抗生剤を内服していることが多いため、内服薬の検討が必要となります。

引用参考文献など
1)島田珠美.尿道留置カテーテル.系統看護学講座:統合分野:在宅看護論.医学書院,2013,205.
2)日本泌尿器科学会:泌尿器科領域における感染制御ガイドライン作成委員会.泌尿器科領域における感染制御ガイドライン.(2017年9月4日閲覧)
  1. 看護クイズアーカイブに戻る
今日のクイズに挑戦!

関連記事

いちおし記事

自分が担当する新人が年上なときの処方箋

プリ必見!年上プリセプティを指導するとき、覚えておきたい3つの心得 [ 記事を読む ]

熱中症の対応、大丈夫?

暑さが本格化する前に…!ケアのポイントをおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1245
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1135
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1054
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
1011
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
860
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
537
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1481

急性心筋梗塞後、心収縮能低下を代償するために心筋リモデリング(左室内腔の拡張)が起こります。以下のうち、心筋リモデリングの予防のために内服する薬はどれでしょうか?

  • 1.エナラプリルマレイン
  • 2.ループ利尿薬
  • 3.クロピトグレル
  • 4.カルベジロール
今日のクイズに挑戦!