1. 看護師国家試験特集>
  2. 看護師国家試験 過去問題集>
  3. 必修問題 * Ⅲ章 * 疾患と徴候>
  4. 主要な疾患による健康障害と基本的な回復過程 第16問

疾患と徴候(111問) 主要な疾患による健康障害と基本的な回復過程

第102回 メチシリン耐性黄色ブドウ球菌〈MRSA〉に有効な薬はどれか。

  • 1. バンコマイシン塩酸塩
  • 2. セファゾリンナトリウム
  • 3. ストレプトマイシン硫酸塩
  • 4. ベンジルペニシリンカリウム

解答・解説

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)は本来ヒトの常在菌で毒性は弱い。メチシリンなどの抗生物質の乱用により耐性を持ち、抵抗の弱い患者などに対し院内感染を引き起こしている。代表的な治療薬はバンコマイシンだが、近年バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌(VRSA)やバンコマイシン耐性腸球菌の出現も報告されており、使用には十分な注意が必要である。


看護roo!公式・国試対策Twitter @kangoshi_2018 必修過去問480問から毎日5問ずつ出題中 約100日で一通り学習できます。めざせ必修満点!
看護師国家試験過去問題集トップへ