母親であるということ|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌(136)

(これまでの話は▶コチラ

モジャ先生の態度が気がかりなもも子ですが…

 

仕事中のもも子。どこかぼーっとしています。心の中では、(あれから… モジャ先生に連絡してない…。なんか先生…楽しそうじゃなかったような…。)と先日の食事のことを思い出していました。

「半分シェアしましょう」「またご飯食べましょう」などと言った自分が図々しかったかもと後悔のあまり騒いでいると、くるみがやってきて、「もも子さん」と声をかけました。

「発注係、今週もも子さんですよ。23Gがもう在庫ないです」とくるみ言われ、もも子は「ごめん忘れてた。救急から借りてくるよ。」と軽く謝りました。しかし、くるみは無表情のまま、「離婚したりお子さんがいて大変かもしれないけど、自立して頑張るって決めたんならちゃんとしてくださいよ。」と厳しい口調でいいました。

「そうだよね…。しっかりしなきゃ。」ともも子が反省すると、「私よりずっと年上なんですから、もっとしっかりしてください。」と言われました。もも子は、(なんかいつもよりキツイな…)と感じつつ、空気をかえようと、「くるみちゃんさぁ、この間モジャ先生と楽しそうに喋ってたけど仲良いんだね…。」と言いました。

「そうだよね…。しっかりしなきゃ。」ともも子が反省すると、「私よりずっと年上なんですから、もっとしっかりしてください。」と言われました。もも子は、(なんかいつもよりキツイな…)と感じつつ、空気をかえようと、「くるみちゃんさぁ、この間モジャ先生と楽しそうに喋ってたけど仲良いんだね…。」と言いました。

露骨に嫌な顔をしたくるみは、「別に…てか、そんなこと気にしてたんですか?ばっかみたい。」と怒りました。「10代のガキじゃあるまいし…、もしかして今ウジウジしてたのそれですか!?私とモジャ先生が仲良いからって何なんですか?できてるとでも!?」と言われ、もも子は驚いてしどろもどろになりました。

そして、「モ…モジャ先生とこの間ご飯行って、その時なんかあんま楽しそうじゃなかったから…。」と伝えるもも子に、「あー、私といた方が楽しそうだったんですね…。それでガッカリしたんだ。学生かよ。」ときつく当たるくるみ。もも子は(なんでここまでキツク言われてんの私…)と戸惑っていると、くるみが「もも子さん…離婚したとはいえ」と話しはじめました。

「あなた母親ですよね。それ忘れてません?浮かれすぎなのでは?子どもにしてみればたった一人の母親なんですよ?一緒に食事とかして…かず君がまだわかってないからそういうことするんでしょ?」と矢継ぎ早に言いました。

(あの草壁先生をフリやがって…!!大嫌い!!)と病院を異動した草壁先生のことを思い出すくるみなのでした。

 

☆『ナースのチカラ~私たちにできること 訪問看護物語』単行本発売☆

月間『フォアミセス』で連載中の『ナースのチカラ~私たちにできること 訪問看護物語~』の単行本は絶賛発売中!

看護roo!での試し読みはこちらから

 

ナースのチカラ書影

 

 Amazonで購入する 

 

『おうちで死にたい~自然で穏やかな最期の日々~』

1巻2巻3巻4巻5巻Kindle版も発売中!

 

【著者プロフィール】

広田奈都美(ひろた・なつみ) HP

漫画家・看護師。某地方総合病院にて勤務後、漫画家としてデビュー。著書は「僕達のアンナ」(集英社)、「お兄ちゃんがコンプレックス」、「ママの味・芝田里枝の魔法のおかわりレシピ」(秋田書店)他。

 

看護roo!での他の連載

ブランク16年の私が看護師に復帰した話

おうちで死にたい~訪問看護の現場から~

モンスター患者~みんなが困り果てた金田さんのこと~

この記事をシェアしよう

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆救急看護の問題◆この患者さんが救急外来に搬送れてきた際、行うことはどれでしょうか?

  1. 会話は可能であったため、意識レベルの観察は不要である。
  2. SpO<sub>2</sub>が保たれているため、酸素投与は必要ない。
  3. 傾眠傾向にあるため、覚醒を促すためにも歩行して処置台に移動してもらう。
  4. 全身の観察として皮膚色を観察した。

1171人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8061人の年収・手当公開中!

給料明細を検索