病棟の人間関係解毒法|マンガ・病院珍百景

究極のデトックス方法 in 職場!

タイトル:病棟の人間関係解毒法

ある日のミーティングで師長から「坂下さんが対ショックされました。」と広報がありました。私の病棟は

坂下さんのいる前で「坂下と夜勤だと倍疲れるのよ!本当やだ!」「わかる、ないよね~」などの陰口

噂話や派閥など、なかなかハードなサバイバル環境です。

しかしある日、外科1病棟から柴崎くんという男性看護師が異動してきました。

看護師たちは、柴崎くんが通ると、陰口をするのをやめるようになりました。

休憩の際でも、柴崎くんを囲んで当たり障りのない会話をするようになり、私は『平和だ』と感じました。

あれだけギスギスして雰囲気の悪かった職場も柴崎くんが来てからというもの、なんだか毒が浄化されているようでした。すると私の後ろから「本当ね~」とやってきて

「別病棟の師長から、異性が一人入るだけで変わるのよ~って言われたんだけど、本当ね~。」と感心している師長なのでした。

 


【著者】とげとげ。

 元看護師のイラストレーター。有名女性誌などで幅広く活躍しながら、2児の母としても絶賛奮闘中。

子育てエッセイマンガブログ『ママまっしぐら!』

http://www.togetoge.net/

この記事をシェアしよう

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆周手術期の問題◆術後せん妄について、正しいものはどれでしょうか?

  1. 手術侵襲が大きいほど、せん妄になりやすい。
  2. 年齢や基礎疾患とは無関係で起こる。
  3. 予防のために身体拘束を行う必要がある。
  4. 退院後も長期的にケア、治療が必要である。

7845人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8065人の年収・手当公開中!

給料明細を検索