新人ナースが反射でしてしまうこと|マンガ・病院珍百景

もはや口癖のように言ってしまうけど…

タイトル:新人ナースが反射でしてしまうこと

看護師1年目。今はまだプリセプターについてもらっているので、プリセプターがいない日には他の先輩がついてくれます。その日ついてくれたのは、非常勤の矢島さん。時計を気にして『また定時であがれない…』と考えていました。

私の記録が終わるのを待つ矢島さんは、「…私は非常勤なんですよ!」と言いました。

怖い顔をして、「新人指導についても残業代が出ないんですよ!どういうことかわかりますか!?」と言ってきました。

イライラしている矢島さんに、私は「すっすみません!」と謝りました。

やっと業務が終わり、帰ろうとエレベーターに乗り込みました。

そしてハッと先ほどのやりとりを思い出し、『私が悪いのか?いやいやいや』と考えました。右も左もわからない新人時代

悪くなくてもつい反射で謝ってしまいます。私は『その不満は師長に言ってよ~。無駄に謝っちゃったよくやし~』とふつふつと怒りがこみ上げてきました。

たまたま乗り込んできた同期の山ちゃんに、「ちょっと聞いてよ」と話そうとしたら、山ちゃんも怒ったような顔で「こっちも聞いてよ」と言葉が重なりました。ただの”理不尽”もそこそこあるようです。

 


【著者】とげとげ。

 元看護師のイラストレーター。有名女性誌などで幅広く活躍しながら、2児の母としても絶賛奮闘中。

子育てエッセイマンガブログ『ママまっしぐら!』

http://www.togetoge.net/

この記事をシェアしよう

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆看護技術の問題◆Eさんに対する食事介助法として、適切でないのはどれでしょうか?

  1. 「食事に異物が入っている」という訴えに対しては、誤解を招かないよう、きっぱりと否定する。
  2. できるだけ窓際や灯りの下など、明るい場所で食事を取ってもらう。また模様のないシンプルな食器を使用する。
  3. 食べない理由を親身な態度で患者さん本人に聞き、その理由に応じて薬剤調整や食形態の変更などを医師に依頼する。
  4. Eさんと普段接しない第三者に関わってもらう。

2791人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8060人の年収・手当公開中!

給料明細を検索