2年目の視界|マンガ・病院珍百景

広がった視界のなかに見えてくるもの。

タイトル:2年目の視界。

新人の頃、よく話を聞いてくれて話しやすくていい人だな~と慕ってした先輩も

2年目になって、ただの噂好きだと知ったり

逆に、新人の頃、聞きたいことがあっても話しかけづらい雰囲気が出ていて苦手だった人が

2年目になると、率先してフォローしてくれたりと頼りになる優しい人だったりします。

新人の頃は、やるべきことを追われるようにやっていて見えなかったものが

2年目になり、周りの様子も見えるようになってきました。これが「慣れ」ってヤツかと思うのでした。

 


【著者】とげとげ。

 元看護師のイラストレーター。有名女性誌などで幅広く活躍しながら、2児の母としても絶賛奮闘中。

子育てエッセイマンガブログ『ママまっしぐら!』

http://www.togetoge.net/

この記事をシェアしよう

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆周手術期の問題◆術後せん妄について、正しいものはどれでしょうか?

  1. 手術侵襲が大きいほど、せん妄になりやすい。
  2. 年齢や基礎疾患とは無関係で起こる。
  3. 予防のために身体拘束を行う必要がある。
  4. 退院後も長期的にケア、治療が必要である。

6255人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8064人の年収・手当公開中!

給料明細を検索