私がナースに戻ったワケ|マンガ・病院珍百景

一度離れたからこそ実感できる、仕事のやりがい。

私がナースに戻ったワケ

10年ぶりに復職した同僚が、「ドキュメンタリーの救命救急24時見ててさ~。またナースしたくなったんだよね。」と復職したきっかけを話してくれました。

テレビの中で看護師さんが子どもの患者さんに声をかけているところを見る同僚。

「先生には言えなかったんだけど右足が痛くて…」と患者さんが打ち明けてくれるのを思い出しながら

同僚は、「ナースをしていると自分でも驚くくらい、信頼関係が築ける瞬間があるでしょと。」と言います。

「あの感覚をまた味わいたくなったの。ナースコールだ!行ってくるね。」と立ち去る同僚の背中を目で追いながら、

確かに…最近疲れ過ぎててそういう瞬間を喜ぶことも忘れてた…と感じたとげとげなのでした。

 


【著者】とげとげ。

 元看護師のイラストレーター。有名女性誌などで幅広く活躍しながら、2児の母としても絶賛奮闘中。

子育てエッセイマンガブログ『ママまっしぐら!』

http://www.togetoge.net/

この記事をシェアしよう

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆看護技術の問題◆Eさんに対する食事介助法として、適切でないのはどれでしょうか?

  1. 「食事に異物が入っている」という訴えに対しては、誤解を招かないよう、きっぱりと否定する。
  2. できるだけ窓際や灯りの下など、明るい場所で食事を取ってもらう。また模様のないシンプルな食器を使用する。
  3. 食べない理由を親身な態度で患者さん本人に聞き、その理由に応じて薬剤調整や食形態の変更などを医師に依頼する。
  4. Eさんと普段接しない第三者に関わってもらう。

2022人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8060人の年収・手当公開中!

給料明細を検索