尿道カテーテルをめぐる若手ナースの背景|マンガ・病院珍百景

患者さんへの説明が二転三転するワケは…。

 

尿道カテーテルをめぐる若手ナースの背景

血管カテーテル検査を受けるため、検査入院をしました。担当は2年目くらいのナース。

検査後は翌朝までベッド上安静なので、尿道カテーテルを入れることに。「検査後におしっこの管入れますね!と担当ナースに言われました。

担当ナースが検査着を持ってきた時、「やっぱりおしっこの管は検査前に入れましょう!」と変更に。

担当ナースが点滴にきた時、「おしっこの管はやっぱり検査後に入れますね!」とまた変更に。

「たびたびすみませ~ん。」とバツが悪そうな担当ナース。コロコロ変わった…

その理由はきっとこう。先輩A「検査後はバタバタするから、検査前に入れたほうがいいよ!」と指示。

先輩B「検査前に入れる必要ないでしょ!検査後でいいよ!」と指示。 とげとげ。は、笑顔で「はーい、どっちでもいいでーす」と答えました。若手は先輩の意見に翻弄されるもの…。

 

 


【著者】とげとげ。

 元看護師のイラストレーター。有名女性誌などで幅広く活躍しながら、2児の母としても絶賛奮闘中。

子育てエッセイマンガブログ『ママまっしぐら!』

http://www.togetoge.net/

SNSシェア

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆周術期看護の問題◆術後早期に始めれば患者さんの術後回復促進につながるとされる「DREAM」に含まれないものはどれでしょうか?

  1. 動くこと
  2. 入浴すること
  3. 食べること
  4. 飲むこと

317人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8497人の年収・手当公開中!

給料明細を検索